記事

長期財政推計発表について考える

1. 長期財政推計の発表

4月28日に財務省 財政制度審議会おり「我が国の財政に関する長期推計」として、2060年までの推計が発表された。これまで政府(内閣府)からは、中期財政フレームのみが発表されていたので、画期的なことである。また、この試算は、同審議会の有識者と事務局の共同で自ら行っており、外注していないという点も興味深かった。

 2020年までにプライマリーバランス(PB)黒字化目標を達成しても(私はこれもかなり怪しいと思っているが)、引き続きに収支改善を行わなければ、債務残高は発散するという結果だ。具体的には、2060年度に債務残高のGDP比を100%まで下げようとする場合には、2021年度以降も収支改善を恒常的にGDPの11.94%実施しなければならない。仮にGDPを500兆円とすれば、5兆円強を改善しなければならないという試算だ。

 しかし、これを実現するためには、何らかの前提条件を大きく変えなければならないだろう。たとえば、従属人口指数がこの試算に含まれている。これは労働年齢を15歳から65歳として計算されているが、それを70歳まで引き上げるなどをしなければ5兆円規模の改善は達成できないのではないだろうか。
 

2. 納税者と何を共有すべきか

 確かに、長期財政推計の発表は画期的なことで、日本の将来の危機をよりリアルに示すものだと思う。ただ、それが日常的な経済や社会活動においてどのような影響を意味するのか、具体的なイメージを伴って説明しないと、多くの納税者とは容易に共有されないだろうと思っている。私も財政学については全くの素人であり、丁寧な説明を何度も聞く機会があったことから、ようやく危機意識を持つことができからだ。

 だが、肌感覚でより危機感を抱くのは2020年直後の日本である。前述のように2020年はプライマリーバランス(PB)黒字化目標達成年であるが、国民にとってさらに重要な一大イベントがある。東京オリンピックだ。オリンピックは国民にとって大きな目標となりモチベーションを上げてくれるものだろう。しかし、それが終わった後、国民は何を目標にしたらよいのだろうか。しかも高齢化率はさらに進んでいる現実を前に我に返ることにならないか。また、最近の北京、ロンドンオリンピックをみていると、オリンピック景気の反動とも思えるような経済的な落ち込みもみられる。

 そのように考えると、2020年までとその後3年の財政計画について、現在の試算よりも具体的な要素を前提条件に入れて作成することが喫緊の課題ではないだろうか。

あわせて読みたい

「財政」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  4. 4

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  5. 5

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  6. 6

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  7. 7

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  8. 8

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  9. 9

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  10. 10

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。