記事

NYTが「Times Video」をリニューアル:続くビデオ戦略の強化

画像を見る

NYTが、動画コンテンツのハブとなるサイト「Times Video」をリニューアルしました。

スマホやタブレットでも利用しやすいよう、レスポンシブデザインを採用。ニュースと政治、国際、オピニオン、ドキュメンタリー、ビジネス、テクノロジー、カルチャー、スタイル、ヘルス、フード、トラベル、スポーツ、家、サイエンスの14のチャンネルを用意し、ユーザーが好みのコンテンツをより簡単に見つけられるようなサイトになっているとのこと。「Branded Playlists」という動画のネイティブ広告も最近導入し、マネタイズ面での戦略も見られます。

ショートビデオから長めのドキュメンタリーや特集まで、Times Videoは世界最高クラスの動画を届けます。


と、ビデオ部門のジェネラルマネージャー Rebecca Howard(レベッカ・ハワード)さん。

NYTがもはや文字だけのメディアではないことを、正式に断言してもいいと私は思います。


画像を見る「Times Video」用にロゴを新しくするところも気が利いてますね。

昨年も1分でその日のニュースを伝える「TimesMinute」を始めるなど、ビデオ戦略を強化しているNYT。去年は1ヶ月に250〜300のビデオをつくっていましたが、現在その数は430まで増えているそう。

またハワードさんによれば、NYTでは現在、記者が動画の撮影・編集スキルを身につけるための研修も行っているとのこと。

ジャーナリズムにおける2014年のビデオトレンド
BBCレポーターがiPhoneでミニドキュメンタリーを作成

でも書きましたが、これからは記者にも動画の撮影・編集技術が求められる時代になりそうです。

引き続き動画の勢いは続きそうだな、と思ったニュースでした。

(via NYT, CAPITAL, Advertising Age, TAXI

あわせて読みたい

「NYTimes」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  5. 5

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  8. 8

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  9. 9

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

  10. 10

    ロイホ大量閉店 コロナの厄介さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。