記事

ブラック企業にお勤めのみなさま、未払い残業代を100万円単位で取り戻せます

やっとの思いで就職または転職したのにブラック企業で、連日長時間奴隷労働を強いられて苦しんでいるみなさま。死ぬまで働くことより今すぐ辞めることをおすすめしますが、世のため、人のため、自分のために、未払い残業代を取り戻してください。場合によっては100万円単位で戻ってきます。

にわかに信じがたい話だが、新卒でブラック企業に勤めて、3ヵ月で退職した後、50万円の未払い残業代を取り戻したり、その経験をもとに友人の未払い残業代を160万円取り戻した体験談とともに、法的なことも含めて、わかりやすく具体的に方法論が書かれているのが、「ブラック企業から残業代を取り戻す~若者の逆襲」横山祐太著だ。

本を読めばわかるけど、意外と簡単にこんなことができる。連日サービス残業させられたり、長時間労働させられたりしている方は、泣き寝入りして辞めてしまうだけでなく、人間を奴隷として扱うブラック企業に鉄槌を下すべく、ぜひこの本を読んで、キッチリ落とし前をつけたい。

多分ブラック企業の場合、タイムカードがなかったり、タイムカードをごまかしている可能性もあるが、そうした場合に自分の出勤を証明する手段なども本で紹介されている。

あとこの本を読んで思うのは、未払い残業代問題だけでなく、パワハラとかセクハラがあるような場合は、ぜひスマホで録音データをとっておきたい。証拠があれば腐った人間をたたきのめすことができる。

ブラック企業がこれだけ問題になっているのに、未だにブラック企業が横行してしまっている理由の1つは、被害にあった社員がしかるべき手段でブラック企業を訴えないからだと思う。

どんな手段であれ、これ以上、被害者を出さないために、法的手段に訴えなくても、匿名の体験談としてネットで企業を名指しして書くぐらいは、最低限してほしい。

何にもしないで泣き寝入り。そういう負け犬根性で腐りきった社畜がいるから、ブラック企業が幅をきかせ、社員を奴隷のように平然と働かされる。一矢ぐらい報いろよ。そしたら企業はブラックなことはだんだんしにくくなる。そうした企業は淘汰されていく。ブラック企業がなくならないのは、被害者が泣き寝入りしていることも大きな原因ではないか。

だからこそこの本に書いてあるような方法で、残業代を取り戻すという形で一矢報いるのもいい。

ぜひ今、お勤めの方で、ブラック企業の方はこの本を読んで、退職するまでの残業代をきっちり請求し、取り戻したい。

「ブラック企業から残業代を取り戻す~若者の逆襲」横山祐太著

あわせて読みたい

「ブラック企業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日米共同声明に「台湾」が明記。日本は安全保障・環境問題で「メインプレイヤー」になる時だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月19日 08:14

  2. 2

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  3. 3

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  4. 4

    中国が反発したくなるほどインパクトがあったのだから、日米共同声明はよかったということだろう

    早川忠孝

    04月18日 17:03

  5. 5

    ワクチンに関する政府の発信の不安定さ

    大串博志

    04月19日 08:29

  6. 6

    会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす」

    キャリコネニュース

    04月18日 14:05

  7. 7

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  8. 8

    日産元会長逮捕劇の端緒は常勤監査役の覚悟にあった-日産クーデターの真相より

    山口利昭

    04月19日 08:51

  9. 9

    「#二次加害を見過ごさない」私が毎日納豆を食べる理由 - アルテイシア

    幻冬舎plus

    04月18日 10:20

  10. 10

    外出自粛の要請に従わない世の中 同調圧力で機能してきた日本のコロナ対策は限界

    緒方 林太郎

    04月19日 11:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。