記事

証券会社の株式知らず

「公的年金を弄ぶな3」で「紺屋の白袴」と書いて思い出したことがある。紺屋や袴なんて古めかしい世界ではなく、現にある世界に対して「こんなことやから世の中が少しも良くならん」と思う。

それは、証券会社に少しでも勤務すると、証券取引が大きく制限されることである。もちろん証券取引に関与した過去の経験から十分知ってはいたが、そんな世界から10年以上離れてしまい、ネット取引という非常に自由な世界を一度経験してしまうと、証券会社勤務の制約を改めて痛感する次第だ。

実は先月末から証券会社の世界に少しだけ足を踏み入れてしまった。このため、証券取引に再び制約を受けるようになった。

証券会社や証券取引に関与すると、上場企業の内部情報に接近する機会が多くなる。そうするとインサイダー取引禁止の法規制を破ってまで証券取引を行い、濡れ手で粟的な利益を得たいと思う輩が出てくる。そんな不正な行為を予防するため、証券会社や金融機関に勤務している者に対して、証券取引に一律に規制がかかる。実際のところ、内部情報に触れられるのは限定された者だけなのだが(過去の経験からそう感じている)、悪いことをして儲けようと積極的に情報収集すれば、内部情報を相対的に得やすい立場にあることも確かなのだろう。

ここまでは理解できる。しかし、最近受けた取引規制は海外株式も国内株式も一律である。債券も国債を含め、内外とも同じである。このため、為替の売買も自由にできない。

ここまでくると、取引を規制する理由がどこにあるのかと疑問に思ってしまう。海外株式に関する内部情報が日本にあるとは思えない。国債に関する内部情報とは何なのか。謎だらけである。

要するに、不正行為を監視する機関(日本の場合、証券取引等監視委員会)が売買情報を簡単に集められないような、「情報における発展途上の国」だからこその規制なのかも。

新聞記者も同じらしい。先日、取材を受けたついでに喋っていると、何も自由に売買できないとのことだった。

証券会社、銀行、新聞社など、証券取引と一番身近にあるべき職種の者が証券取引の手足を縛られているから、「どういうのが望ましい証券取引なのか」体験できない。この結果、日本の証券市場が旧態依然としているのではないだろうか。だから偉そうなオッちゃんに、すぐに「株屋」呼ばわりされるのではないか。そう思いつつある。

あわせて読みたい

「GPIF」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  5. 5

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  6. 6

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  7. 7

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  8. 8

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  9. 9

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  10. 10

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。