記事

マスメディアがまったく無視している稚拙なデモについて考える〜日本の旭日旗とナチスのハーケンクロイツを並べて掲げる愚行

1/2

 今回は日本のマスメディアがまったく無視している問題について取り上げたいです。

 23日付けJ-CASTニュース記事から。

日曜の池袋に白昼堂々「ハーケンクロイツ」 ヒトラー誕生日に「ナチス賛美」デモ

2014/4/23 18:56

中国や韓国を批判しながら「大東亜共栄圏」の復興を主張する集団が2014年4月20日午後、東京・池袋でデモ行進を行った。

中国や韓国を批判するデモは、しばしば「ヘイトスピーチ」だとして問題にされるが、今回のデモで特異なのは、先頭集団がナチスドイツの象徴として知られるハーケンクロイツ(カギ十字)の旗を掲げ、ナチスドイツの再評価を主張したことだ。ドイツでは公の場でハーケンクロイツを掲げることは原則として違法だとされており、波紋を広げそうだ。

「大日本帝国もナチスドイツも、敗戦したからこそ悪者にされてしまった」

デモは、「支那朝鮮のいない大東亜共栄圏実現・国民大行進!」と題して、「護国志士の会」を名乗る団体が主催。集合場所には、東條英機元首相らA級戦犯7人の死刑が執行された巣鴨プリズンの跡地にあたる、東池袋中央公園を選んだ。

主催者の男性は、

「先人の功績を無駄にせず、過ちを繰り返さないために我々ができることは、支那・朝鮮を抜きにした大東亜共栄圏を実現すること」

とあいさつ。4月20日はヒトラーの125回目の誕生日にあたり、ナチスドイツについても、

「大日本帝国もナチスドイツも、敗戦したからこそ悪者にされてしまったのであり、ドイツに関しては、ナチスを賛美するだけで投獄されてしまうという状況になっている。かつて共に戦った日本が、言論の自由がある日本が、河野談話の再検証とともにナチスドイツの再検証もして、いい部分は取り入れて、名誉を挽回しようではないか」

と主張した。日本が大東亜共栄圏構想を提唱した時期に同盟国だったナチスドイツを称賛する狙いがあるようだ。主催者が主張するナチスドイツの「いい部分」が何かは必ずしも明らかではないが、シュプレヒコールの内容から判断すると、アウトバーンの建設など、主にインフラ整備の面を念頭に置いているようだ。

(後略)

http://www.j-cast.com/2014/04/23203031.html

 うむ、ヒトラー誕生日に先頭集団がナチスドイツの象徴として知られるハーケンクロイツ(カギ十字)の旗を掲げ、ナチスドイツの再評価を主張したデモが、東京池袋の繁華街で白昼堂々行われました。

 記事の写真でも確認できますが、特異な印象が否めないのが、ハーケンクロイツ、日の丸、旭日旗が並んではためいている様子であります。

 日章旗・旭日旗に並んでナチスドイツの「ハーケンクロイツ」がはためいて日本の首都東京で日本人によりデモ行進がなされたわけです、絵的には極めて話題を呼びやすい事象と言えましょう。

 「護国志士の会」を名乗る団体が主催とありますが、いわゆる「行動する保守運動」に属するグループのようです。

護国志士の会(会長ブログ)
http://blog.livedoor.jp/shishinokai/

行動する保守運動
http://calendar.zaitokukai.info/index.html

 「行動する保守運動」は大久保のヘイトスピーチデモなどで何かと議論されている「在特会」(在日特権を許さない市民の会)などの「排外的主張を掲げ執拗な糾弾活動を展開する右派系グループ」(公安調査庁)の共闘団体であります。

 このデモ自体は参加者数約40人と小規模でもあり、上記ネットメディア記事以外に、国内マスメディアは完全に無視しております。

 報道する価値・ニュースバリューはゼロとの認識でしょう、新聞やTVなど国内マスメディアではまったく報道されていません。

 日章旗・旭日旗に並んでナチスドイツの「ハーケンクロイツ」を掲げて行進するというこの稚拙なデモは、しかし、国内メディアがすべて無視する中で、韓国のメディアが写真や動画付きで大きく取り上げます。

 21日付け朝鮮日報記事から。

日本の極右、池袋でナチス旗掲げデモ行進

戦犯7人処刑の拘置所跡地で「大東亜共栄圏」の復活を訴える集会

「ユダヤ人虐殺はでっち上げ」 朴大統領を中傷するプラカードも

警察は「事前に届け出があった」との理由でデモ隊守る

 東京の代表的繁華街の一つである池袋に、見るだけでぞっとする赤い旗がはためいた。ナチスの旗であるハーケンクロイツ(かぎ十字)の旗だ。ナチス・ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーの誕生日である20日、日本の極右のデモ行進に、旭日旗だけでなく、ナチスを象徴するハーケンクロイツまで登場したのだ。

 この日午後、東池袋中央公園では「護国志士の会」という団体が主催する集会が行われ、極右団体のメンバー約50人が集まった。同公園はかつて、東條英機など日本の戦犯7人の死刑が執行された巣鴨プリズン(拘置所)があった場所だ。ジーンズ姿の20代から、登山帽をかぶった70代までの極右団体メンバーは、追悼碑に向かって黙とうをした後「大東亜共栄圏実現国民大行進」と称するデモ行進を池袋の大通りで行った。

(後略)

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/21/2014042100528.html

 ・・・

あわせて読みたい

「在特会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  6. 6

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  7. 7

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

  10. 10

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。