記事

メーデーに参加した安倍首相とこれを受け入れた連合

 およそ労働者の敵であるような政策ばかりを強行する安倍首相がなぜ連合主催のメーデーに参加したのか。

 労働者を守るための連合が、なぜ労働者の敵であるような政策を強行する安倍首相のメーデー参加を許し、演説までさせたのか。

 この疑問にきょう4月27日の朝日新聞のメーデー記事が見事に答えてくれている。

 なぜ安倍首相はメーデーに参加したか。

 安倍首相は経済界の代表を説得して連合では出来ない賃上げを勝ち取った。その成果をひっさげて、今度は経済界が求める労働規制緩和への理解を得ようとするアメとムチの使い分け戦略であると。

 加えて民主党と連合の間にくさびを打つ狙いもあると。すなわち民主党が頼りにならない状況のなかで連合が政権にすがりたくなる事を見せつけるためであると。

 なぜ連合は安倍首相をメーデーに迎え入れたのか。

 連合加盟の組合員は減る一方で、政府に対する影響力を失うばかりだ。ここで安倍政権と対決姿勢をとれば政労使の協議の枠組みから外され、ますます影響力を失う。

 だからと言って安倍政権と協調すればますます労働者から見放される。この矛盾を象徴するかのように連合は「労働者保護ルールの改悪に断固反対する」という特別決議の採択は、安倍首相や山口公明党代表らが会場を去ってから自分たちだけで行ったのだと。

 安倍首相をメーデーに迎えたのは腰の定まらない連合の苦渋の選択であったのだと。

 要するに安倍首相に連合はいいようにやられているということだ。

 朝日は書いている。

  「誇る(安倍)首相 冷めたメーデー」だったと。

  野党がなくなり、政治がつまらなくなるはずである。

  戦う事を止めた連合の責任はあまりにも大きい(了)

あわせて読みたい

「メーデー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  5. 5

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    河野大臣は自民の救世主になるか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。