記事

アメリカの機関投資家の現在の相場観 日本株への人気は剥落

アメリカで証券業に携わる人たちが必ず購読している週刊紙に『バロンズ』という新聞があります。その『バロンズ』は年に2回、春と秋に機関投資家に対して聞き取り調査を、かれこれ20年も実施してきました。

「ビッグマネー調査」と題されたこのアンケートは、全米の大手を中心とし、ブティック運用会社まで含んだ152の機関投資家に配布され、回答は電子メールで集計されます。

今回の調査では向こう1年の米国株式に関する見通しで、強気と答える回答者が少し減り、中立と答える回答者が増えました。

リンク先を見る

向こう12カ月でどの業種に最も強気か? という質問では、ハイテクという回答が減ったのが目を引きました。

リンク先を見る

向こう12カ月でどの業種に最も弱気か? という質問では、ヘルスケアとハイテクが増えています。

リンク先を見る

日本株に対する人気は、今回すこし剥落しています。

リンク先を見る

米国のGDPに関する予想は下のグラフのようになっています。

リンク先を見る

失業率に対する予想はどのように変化したのでしょうか? 先ず去年9月の調査の結果を再掲しておきます。

リンク先を見る

なお現在の失業率は6.7%です。

次に今回の調査の結果を示します。

リンク先を見る

米国10年債の1年後の利回りの予想は下のグラフのようになっています。

リンク先を見る

テーパーリングがいつ完了するか? に関する考え方は、下の通りです。

リンク先を見る

フェドファンズ・レートが引き上げられはじめるタイミングについては、次のような回答がありました。

リンク先を見る

その場合、株式は下がると考える投資家が多いです。

リンク先を見る

ジャネット・イエレンFRB議長の仕事ぶりに対する評価は、以下の通り。

リンク先を見る

リンク先を見る
MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法 [単行本]

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  2. 2

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  3. 3

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  4. 4

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  5. 5

    トランプ氏、独自SNS立ち上げへ IT大手に対抗

    ロイター

    10月21日 17:00

  6. 6

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  7. 7

    岸田が落胆「自民党調査」が示した「マイナス50議席」危機

    新潮社フォーサイト

    10月21日 10:56

  8. 8

    各論だらけの選挙公約 コロナを政争の具にするな - 樫山幸夫(元産經新聞論説委員長)

    WEDGE Infinity

    10月21日 12:52

  9. 9

    国民・玉木雄一郎代表 「いま言われているほとんどの問題は給料が上がれば解決する」

    ABEMA TIMES

    10月21日 16:25

  10. 10

    米Facebook、社名変更か “仮想現実”『メタバース』構築へ

    ABEMA TIMES

    10月21日 15:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。