記事

アメリカの機関投資家の現在の相場観 日本株への人気は剥落

アメリカで証券業に携わる人たちが必ず購読している週刊紙に『バロンズ』という新聞があります。その『バロンズ』は年に2回、春と秋に機関投資家に対して聞き取り調査を、かれこれ20年も実施してきました。

「ビッグマネー調査」と題されたこのアンケートは、全米の大手を中心とし、ブティック運用会社まで含んだ152の機関投資家に配布され、回答は電子メールで集計されます。

今回の調査では向こう1年の米国株式に関する見通しで、強気と答える回答者が少し減り、中立と答える回答者が増えました。

リンク先を見る

向こう12カ月でどの業種に最も強気か? という質問では、ハイテクという回答が減ったのが目を引きました。

リンク先を見る

向こう12カ月でどの業種に最も弱気か? という質問では、ヘルスケアとハイテクが増えています。

リンク先を見る

日本株に対する人気は、今回すこし剥落しています。

リンク先を見る

米国のGDPに関する予想は下のグラフのようになっています。

リンク先を見る

失業率に対する予想はどのように変化したのでしょうか? 先ず去年9月の調査の結果を再掲しておきます。

リンク先を見る

なお現在の失業率は6.7%です。

次に今回の調査の結果を示します。

リンク先を見る

米国10年債の1年後の利回りの予想は下のグラフのようになっています。

リンク先を見る

テーパーリングがいつ完了するか? に関する考え方は、下の通りです。

リンク先を見る

フェドファンズ・レートが引き上げられはじめるタイミングについては、次のような回答がありました。

リンク先を見る

その場合、株式は下がると考える投資家が多いです。

リンク先を見る

ジャネット・イエレンFRB議長の仕事ぶりに対する評価は、以下の通り。

リンク先を見る

リンク先を見る
MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法 [単行本]

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  6. 6

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  7. 7

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    前澤氏はお金配りしない方がいい

    藤田孝典

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。