記事

残業代ゼロは、よくない

政府の産業力競争会議で、22日から、労働規制を緩和して、労働時間にかかわらず、賃金が同じ働き方を一般社員に広げる議論を始めました。

働き手の同意が条件ですが、決められた労働時間以上に働いても「残業代ゼロ」になる恐れがあります。

厚生労働省が、働く人の立場は弱いと、慎重な考えを示しているのは、当然のことだと思います。

これだけ、子育てや介護と仕事が両立するようにワークライフバランスが必要な時に、長時間労働になりかねず、逆行しています。

これは、会議の民間議員から、労働時間ではなく、成果をもとに賃金を支払う仕組みが提案されたことから、ということです。

安部総理も、会議の最後に、「成果で評価される新たな仕組みを検討してほしい」と指示をしています。

残業代や深夜、休日労働への割増賃金の支払いなどの労働時間規制を適用しない「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入については、第一次安部政権でも導入を図りましたが、反対が強く見送られています。

成果で評価といえば、聞こえはいいですが、日本では、どういう仕事がどれだけできれば、こういう評価というものがなく、人間関係など見えない部分が評価にからむことが多く、労使の力の差の中で、公正な評価が行われることは、現状では難しいと思います。

1日8時間、週40時間と定められている労働基準法を超える場合は、残業代を払わなければならない、という規制が、長時間労働の歯止めになっている現在、それをなくせば、労使ともにパッピーとはいかないと、労働問題を解説し、議員として大臣として、労働問題に取り組んできた立場から、強く考えます。

昼間は17度まで気温が上がりましたが、朝の最低気温は-2.8度。

大雪の時に屋根から落ちた雪が、まだ腰の高さほどあります。

リンク先を見る

あわせて読みたい

「残業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  8. 8

    小沢一郎氏の怒り買った立民議員

    文春オンライン

  9. 9

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。