記事

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている、のか?

画像を見る

 2011年4月5日、慶應義塾大学三田キャンパスで、「評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている」というトークショーを開催しました。岡田斗司夫さん、堀江貴文さんと。

このたび岡田さんが「評価経済社会」を含む3冊の本を別々の出版社から同時刊行したのですが、いずれも印税ゼロ。岡田さんの言う評価経済社会とは、「貨幣と商品を交換し合う貨幣経済社会に対して、評価と影響を交換しあう経済形態により現代社会を説明しようとする考え方」。よくわかるようなわからないような話なので、ホリエモンとクロストークしてみたのです。

まず岡田さんのビジネスモデル。印税を0にした。これは今までの出版業界でいうと異例の事態です。クリスアンダーセンがFREEで言及したように音楽業界ではプリンスの時代からその手の挑戦はありましたが、岡田さんの場合は、大学の講師料からあらゆる出演料までギャラを0にした。明らかに一線を画しています。一体どうやって生活をしていくのですか?

岡田さん「かつて物は価格を基準に選ばれていた。でも今は、食べログなどネットの口コミや店の評判を基準にして選ばれる。うちの会社は社員が社長に給料を払う。年間12万円で一緒に働く権利を得た人からお金をもらう。印税は取らない。ギャラも取らない。本を出したら5%くらいの人は凄く面白いと思ってくれる。そのうち5%はお金を払っても社員になりたいと思ってくれる。その方が印税より安定する。いちいち目先の金策に走らなくていい。ただし社員300人が上限。3年で引退という制度を設けている。」

なるほど、檀家に食わせてもらう宗教みたいなもの。ないしは立川談志のような家元システムですね。一方、堀江さんはある種、資本主義・貨幣経済の最先端にいた人。どう見ます?

堀江さん「株が紙幣の価値を越えるほどの流動性を持たせたかった。国家とは違う形で通貨を流通させたいと。逮捕された時、会社の株が紙幣の役割をしたら国家にならないかなんて話を検察のやつらにしてみた。ヒマだったんで。検察は、会社には軍事力や警察力がないから無理だと。じゃあロケットを持って、核弾頭積んだら?ミサイルになる。できる。ミサイルは命中力がないけど、核爆弾は抑止力として成り立つ。そう言ったら黙ってた。」

あなたそんなこと言うから・・・。

岡田さんは(当時)ツイッターのフォロワーが3万8千人。堀江さんは67万人。マスメディアと言ってもいい。だからこそ評価経済にリアリティーがある。でも、そういうことができる「プロ」はごく少数ではないですか。ほかにどんな人ができそう?

岡田さん「勝間さん。勝間塾という近い形を作り始めてる。」

堀江さん「瀬戸内寂聴さんも似たシステム。保険のおばちゃんもそう。保険のこと理解してなくても、友達でしょとか言って売り歩いて、500人集めたら一人1万円で500万円になる。」

ふうむ。

岡田さん「ビジュアル系バンドもできる。ファンの出資がメンバーに届きやすい形。」

ふうむ。

岡田さん「評価経済は出版したらスキャンしてデータをばらまいてくれたほうが、自分の知名度が上がっていい。出版社は困るけど、今やそういう海賊版を止めることはできない。」

堀江さん「本はCM。それ読んで有料メルマガに入ってもらうのがいい。福岡ダイエーは権利費を取らなかったんで商品を作り放題だった。それで町中にロゴがあふれて人気が出た。」

震災後、堀江さんは安否確認情報をリツイートで拡散するという情報共有メディアとなると同時に、ジャスト・ギビングという寄付サービスを用いて義援金集めに大きな役割を果たしました。それも評価経済というやつ?

堀江さん「震災で皆が参加する集合知の重要性がよくわかった。救出して欲しいといった情報をRTしてたら、情報系サイトが落ちたりして、そこでこういう機能があるサイトが欲しいとつぶやいたら有志が作ってくれたりした。フォロワーが多いと、動いてくれる人がいる。もうデカい会社は いらないと思った。」

岡田さん「評価は通貨のように流通しないといけない。だからソーシャルメディアと一体。三国志の時代はいいことをする人は「徳」があると評価され重用された。信長も人の評価を重視した。でも当時は評価が流通しなかった。ソーシャルメディアで評価が誰の目にも届くようにすべき。いずれ翻訳機能が高度化し、情報が一瞬で世界に届くようになる。」

堀江さん「情報が隠せなくなるから、あとでエーッてならないようにぼくも今のうちに情報をディスクロージャーしてる。小学一年生のときにウンコ漏らしたとか、そういう話ぜんぶ。」

そこまでコクらなきゃならんのかあ。
かなり覚悟しないとやっていけない社会のようであります。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ロンブー淳「BTSに話聞きたい」

    キャリコネニュース

  2. 2

    服脱ぐ女性ファンも SNSで過激化

    渡邉裕二

  3. 3

    なぜ金持ちはタワマンを嫌うのか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    Tシャツ騒動で悪化する日韓問題

    ヒロ

  5. 5

    音喜多氏 上田都議は対話を拒否

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    林修氏 人脈求めるさもしさ指摘

    キャリコネニュース

  7. 7

    企業の学歴フィルターは当たり前

    永江一石

  8. 8

    電車の迷惑行為 リュックが最悪?

    非国民通信

  9. 9

    大半の人は簡単なこともできない

    NEWSポストセブン

  10. 10

    養老孟司氏「終活なんて現代病」

    みんなの介護

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。