記事

関西電力 〜 『再値上げ』は誰の責任か

今朝の日本経済新聞ネット記事によると、関西電力は、大飯原子力発電所の年内の再稼働が極めて厳しくなり、高浜原子力発電所も再稼働が遅れそうとのことで、電気料金の『再値上げ』を検討するとのこと。

 関西電力は昨年5月1日、原子力発電所の停止に伴う追加燃料費の増加などを理由として、規制部門で9.75%、自由化部門で17.26%の値上げが実施された。当然のことながら、これは政府の査定によるものだ。

 この査定においては、「(当時)稼働中の大飯原子力発電所3、4号機に加え、高浜原子力発電所3、4号機が、平成25年7月から再稼働されることを仮定している」とともに、「料金算定上の仮定の前提として、関西電力は高浜3・4号機において、(略)プルサーマルを実施する計画としており、原価算定期間中に、一部MOX燃料を装荷することを仮定している」。

☆大飯原子力発電所:3号機118万kW(1991年12月〜)、4号機118万kW(1993年2月〜)
 ☆高浜原子力発電所:3号機87万kW(1985年1月〜)、4号機87万kW(1985年6月〜)


 更に、この査定においては、人件費、LNG調達価格、購入電力料、設備投資関連費用、修繕費、公租公課、バックエンド費用、スマートメーター関連費用などについても、細かな合理化策が包含されている。

 これらの原価算定期間は平成25〜27年度となっているので、追加的な合理化策を期待することには無理があるだけでなく、それを政府(経済産業省、消費者庁など)が関西電力にこの原価算定期間中に追加的に求めることは、自らの査定に係る将来見通しの甘さと矛盾を露呈させることになる。

 上記記事と同じ本日の日経新聞社説では、「電力の安定供給を確保するには原発の再稼働は欠かせない。原子力規制委員会は科学的な見地から原発の安全審査を進めている。電力事情を理由に審査を急ぐよう圧力をかけるのは筋違いだが、規制委は迅速に審査してほしい」と書かれている。これは全くその通りなのだが、そのためにも“規制委の審査後の発電再開”ではなく『規制委の審査と並行して発電再開』にすべきである。

 これは、このブログや別の寄稿などで再三再四申し上げてきたことだ。その方が、じっくりと時間をかけて規制基準の適合性審査が行えるはずであり、それが中長期的な原子力発電所の安全対策の向上に資することになる。

 先の値上げも、次の『再値上げ』も、その責任は関西電力ではなく、政府の規制運用にある。

あわせて読みたい

「関西電力」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  4. 4

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  5. 5

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  7. 7

    野党は桜を見る会叩く暇あるのか

    自由人

  8. 8

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  9. 9

    桜を見る会 中止のホンネ暴露か

    女性自身

  10. 10

    八千草さん 夫を駅で迎える素顔

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。