記事

電子書籍って「Kindle」以外のプラットフォームで出版する意味あんの?「武器としての書く技術」の売上データから考える

リンク先を見る武器としての書く技術 (中経出版)[Kindle版]
posted with ヨメレバ
イケダ ハヤト
KADOKAWA / 中経出版
2013-06-27


KADOKAWAからついに電子書籍の印税データが届きました。発売は2013年6月なので、だいぶ待ちましたね。


Kindleが90%!Koboは6%。その他は誤差の範囲

電子書籍の出版にあたって、疑問として出てくるのが「Kindleがトップシェアだけど、Koboとか出す意味あるのかな?」というクエスチョン。今回データが出てきたので実際に分析してみました。

ちょっと正確な計算式が手元にないのでわからないのですが、全体の売上冊数はざっくり2,000部くらい。で、適当に計算してみると、ざっくりこのような感じになりました。

画像を見る

要するに、KindleとKobo以外は無視していいレベル、ということです。Koboも6%なので、売上金額によっては手間賃の方が大きくなってしまうでしょうね(「武器としての書く技術」はKobo印税が6,000円くらいでした)。

ちなみに「その他」には「BookLive!」「Kinoppy」「Google Playブックス」「ニコニコ静画」「ブックパス」「Sony Reader Store」「Book☆Walker」「eBookJapan」「honto」が含まれています。さすがKADOKAWA、こんなにたくさんのストアで販売してくれていたんですね。売上は微々たるものですが…。

当面はKindle一択で問題ない感じですね。iBooksあたりが伸びていきそうな気もするので、この種のデータは取れ次第、定期的に公開していこうと思います。「なぜぼくは炎上を恐れないのか」も電子版がありますので、よろしければぜひ。

リンク先を見るなぜ僕は「炎上」を恐れないのか~年500万円稼ぐプロブロガーの仕事術~ (光文社新書)[Kindle版]
posted with ヨメレバ
イケダ ハヤト
光文社
2014-02-28

あわせて読みたい

「Kindle」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  8. 8

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  9. 9

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  10. 10

    日韓の人口あたり感染数は同じか

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。