記事

デジタル教科書への不安と日本の遅れ

1/2
■Kids デジタル教科書への不安と日本の遅れ

リンク先を見る

 急速な展開に対する不安もあります。現場の先生が対応できるのか。煩雑な事務を増やすことにならないか。教育効果はあるのか。情報端末のメンテナンスはどうする。教科書会社は事業をやっていけるのか。検定はどうする。コストはどう手当てするのか。議論も、検証も必要だ。

 しかし、日本は悠然としてはいられません。日本は遅れているのです。日本の学力低下が叫ばれて久しいですが、そうした中にあって、アメリカやイギリスが教育の情報化に積極的な取組を見せるだけでなく、韓国やシンガポールなどアジア諸国も国を挙げて力を入れており、日本は情報化の面でも後塵を拝する状況です。

 「日本の教育現場のICT活用は、フィリピンやタイにも大きく劣る。現場で使われているパソコンの性能面でも、実際の使われ方にしてもだ。」(陰山英男立命館大学教授)

 一人一台の目標を政府は2020年に置いていますが、韓国は2013年を目標としています。それらの国では既にパソコンやプロジェクターが各教室に整備されつつあり、授業で20-30%ICTの活用が義務づけられています。情報化が国の将来を左右するという認識が共有されているからです。日本とは危機意識もスピード感もまるで違います。

 協議会の小宮山会長は「世界でデジタル教科書の取り組みが進む中で、ピッチを上げないと間に合わない。せめて2015年には全国の小中学生に普及させるべきだ。」との考えを示しています。

 もちろん国によって事情は異なります。韓国やシンガポールは政府主導でトップダウンの展開。このため、国が本気で推進すれば浸透は速く、地域や学校間の格差も少ないです。国土が狭い等の事情からインフラも整備しやすいという面もあります。デジタル化の目標年次が早いのもそのためです。

 これに対しアメリカやイギリスは現場の自主性が大きい。特に予算等に関する校長の権限が大きいため、国が音頭を取らなくても、情報化の効用が認められれば現場主導でどんどん進みます。一方、逆に地域や学校間の格差が生じやすいという面があります。

トピックス

ランキング

  1. 1

    北方領土の交渉で日米同盟に危機

    天木直人

  2. 2

    「少年院出身アイドル」の破壊力

    松田健次

  3. 3

    北方2島返還で日本は多くを失う

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    BTS炎上 思想なき浅はかさが原因

    文春オンライン

  5. 5

    日本がBTSを利用 反日団体が見解

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    経済不振で日本叩きを始める韓国

    WEDGE Infinity

  7. 7

    低所得者ほど同僚とよく飲むワケ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    マイナンバー3年目も普及進まず

    週刊金曜日編集部

  9. 9

    マツコ 可愛くない子には真実を

    キャリコネニュース

  10. 10

    空自は低価格の中国機を導入せよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。