記事

Twitterで振り返るコーチェラ・フェスティバル、最も話題になったのはあの女性アーティスト。Twitter社が発表

4月11日から13日にかけてカリフォルニア州インディオで米国最大級の野外音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」が開催されました。

海外の音楽フェスでは、アーティストやフェス参加者がパフォーマンスやステージ裏側の様子を写真や動画で投稿したり、フェス会場の様子を積極的に投稿していくことが、Twitterやソーシャルメディアの普及で一般的になりました。どれだけツイートされるかは、そのフェスやアーティストがどのくらい人気で、参加者が熱量を感じているかを図るバロメーターにもなります。

また、これらの人気フェスは、チケットが高額かつ入手困難です。ですので、世界中の音楽ファンにとっては会場からの投稿が音楽メディアに代わってリアルタイムでイベントの模様を把握できる貴重な情報源になります。ツイートは、ブロガーやメディアにとってツイートはニュースのネタに、アーティストにとっては話題作りにつながるので、どれだけフォロワーと付加価値あるインタラクションができるかで大きな違いが生まれます。このような機会を狙ってアーティストのマネジメントやレコード会社は、ソーシャルメディア戦略の積極的に取り入れる流れが最近は増えています。

Twitter社は2週末にわたって開催されるコーチェラ・フェスティバルの第一週目のツイート情報を公開、最も話題になったアーティストや、注目を集めたパフォーマンスなどをまとめています。

Twitter社によればこの週末に「#Coachella」のハッシュタグ付きで投稿されたフェス関連のツイートは160万ツイートに上ったそうです。

【関連記事】
Twitter社、世界最大級の野外フェス「コーチェラ・フェスティバル」のリアルタイム・ツイートが激速で広がる世界地図を公開

画像を見る

コーチェラ・フェスティバルで最も言及されたアーティストのトップ6はこちら。なんとラナ・デル・レイが1位。個人的には2度もドタキャンしたので、もう追いかけたくないアーティストなのですが、新曲「West Coast」がデビューしたことがこれだけ多くニュースになっていれば、注目しないわけにも行かないので思わずYouTubeを見てしまいました。

1位.ラナ・デル・レイ(@LanaDelRey
2位.ドレイク(@Drake
3位.ビヨンセ(@Beyonce
4位.ロード(@LordeMusic
5位.ケイティ・ペリー(@KatyPerry
6位.チャンス・ザ・ラッパー(@ChanceTheRapper

コーチェラ・フェスティバル1週末目で、最もツイートされたパフォーマンスのトップ5は以下の通り

ソランジュ (@SolangeKnowles) のステージに飛び入りしたビヨンセ(@Beyonce
チャンス・ザ・ラッパー@chancetherapper)のステージに飛び入りしたジャスティン・ビーバー(@justinbieber
ラナ・デル・レイ(@LanaDelRey)が新シングル「West Coast」を披露
Nas(@OfficialNas)のステージにジェイZ(@S_C_がゲスト出演
Outkast@Outkast)のパフォーマンス

Twitterユーザーもビヨンセがサプライズで登場した瞬間は、ツイートだけでなくVineで動画を投稿しています。ユーザーが普段から慣れ親しんでいるツールを音楽フェスという場でも日常的に使っている様子を見ると、TwitterやVineがどれだけ一般層に浸透しているか、そしてどれだけ音楽フェスで情報発信に有効的なツールかが垣間見れます。

また日本ではフェスやライブを撮影し写真や動画を投稿することは大抵禁じられていますが、海外ではフェスやライブではプロモーションに繋がるなどの理由から、非常にオープンになっています。このようなフェス運営側やアーティスト側のオープンな姿勢が、ツイートやVineでの情報発信を広げ、フェスに参加できない世界中の人とも音楽情報やライブの感動を共有することが可能になっています。

コーチェラ・フェスティバルの会場であるインディオに向かうアーティストやセレブリティも、フェスの期待値をツイートしています。こういうツイートを見ると、世界中のフォロワーも興奮してきますよね。

オスカーの司会を努めたエレン・デジェネレス@TheEllenShow

ラナ・デル・レイは、会場への途中に設置された自分のビルボードの写真を投稿

来日間近のスクリレックス@Skrillex

こちらは、初日(11日)のトリを務めたOutkast (@outkast)アカウントのフォロワー数フェス前後でどれだけ増加したか、を示したグラフです。

リンク先を見る

10日の時点では、6万未満だったフォロワーは11日のライブ、そして週末を経て6万3000人を超えます。この4日の間の成長率は通常の18倍にもなりました。音楽フェスという場がどれだけ人のインタラクションを活性化させるか、人に情報を伝播させるかをこれらの数値は示しています。

リンク先を見る

日本ではまだフェスからツイートをする、ハッシュタグを活用する、Vineを活用するといったフェスの楽しみ方はまだまだ浸透していませんが、これからは徐々に増えていくのではと思います。またアーティストによる積極的なTwitterの利用も、特にフェス時には増えていくと思います。なぜなら海外ではコーチェラ・フェスティバルのように、音楽とソーシャルメディアの相性の良さを証明する成功事例がどんどん増えてきているからです。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。