記事

「みんなの党」渡辺代表「裏金」問題の疑問点その2(貸付・借入金)

1/3
(1)「みんなの党・渡辺代表が、DHC会長に2010年参議院通常選挙前に3億円と、2012年衆議院総選挙前に5億円を用立ててもらっていたのに、それらを一切報告していなかった問題について、すでに、このブログで取り上げました。、
DHC会長が「みんなの党・渡辺代表に選挙資金8億円」を用立てたが一切収支報告なし!
渡辺「みんなの党」代表は「8億円裏金」問題で説明責任を果たしていない

「みんなの党」渡辺代表「裏金」問題の疑問点その1(党立ち上げ資金)

(3)第二の疑問点は、渡辺代表が「みんなの党」に貸付を行っているのか、行っているとすればその日付と金額は政治資金収支報告でどう記載されているのか、また、その原資は、DHCの吉田会長から3億円(2010年)や5億円(2012年)なのか、さらに、2012年の資産報告では、どう報告されているのか、です。

以上の最初の投稿では、DHC会長が「みんなの党」のために協力し、裏金になっている問題について、渡辺代表は、複数の疑問点をきちんと説明すべきであると書きましたが、ここでは、貸付と資産報告に関する部分だけ再度紹介してきましょう。
第1に・・・。

第2に、・・・。
2012年の資産報告では、借入金が2億5000万円と報告しているようですので、3億円のうち未返済の5000万円と5億円のうち2億円の合計が資産報告されているとみなしても、5億円のうち3億円は借入金であるとは断定できません。
・・・

第3に、もし全額借入金であると強弁するのであれば、なぜ、2012年に借入金が2億5000万円しかないと過少に資産報告したのでしょうか?

これは資産報告を法的に義務づけている法律に違反します。
罰則がないとはいえ、違法である以上、きちんと弁明すべきです。

第4に、・・・。

第5・・・。
以上については、その後明らかになった情報があり、それを踏まえると修正する必要があると思っています。

(4)では、渡辺喜美代表が「みんなの党」に、いつ、幾らのカネを貸し付け、いつ、幾らに返済を受け、現在、幾らの未返済金があるのか、確認しましょう。

「みんなの党」の2009年分の政治資金収支報告は、前回の投稿同様、その要旨が掲載されている「官報」(2010年11月30日、号外第251号、18頁)で確認しました。

同党の2010年分、2011年分、2012年分は、総務省のHPで見ることができます(印刷も可能です)。

2010年
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/reports/SF20111130-10.html
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/111130/0001000114.pdf

2011年
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/reports/SF20121130-10.html
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/121130/0001200097.pdf

2012年
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/reports/SF20131129-13.html
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/131129/0001300113.pdf

(5)以上によると、

渡辺喜美代表は、「みんなの党」に高額な寄付をしていませんが、貸付では行っています。

まず、2009年は、
渡辺喜美代表から「みんなの党」への貸付があります。
貸付日は不明ですが、その金額はなんと6000万円です。
これは、自己資金でしょうか、それともほかから工面したものでしょうか?

ただ、「資産」の欄に渡辺喜美代表からの借入金1000万円とあり、これが未返済になるので、
そうすると、「みんなの党」は渡辺喜美代表に5000万円返済したようです(可能であれば、政治資金収支報告書で確認した方が良いでしょう)。

2010年は、
渡辺喜美代表からの貸付はないようです。
「みんなの党」が渡辺喜美代表に返済したのは、以下と報告されています。
     
2010年2月10日    1000万円

これで完済されており、未返済はなしになります(0円)。

しかし、その後、渡辺喜美代表から「みんなの党」への貸付がなされていました。

2010年3月29日   5000万円
2010年6月21日 1億2000万円

渡辺喜美代表への未返済額は、1億7000万円に増えてしまっています。

2011年は
渡辺喜美代表からの貸付はありません。

渡辺喜美代表への返済は以下のとおりです。

2011年4月20日   1億円
2011年7月14日    5000万円

渡辺喜美代表への未返済額は2000万円に減りました。

2012年は、
渡辺喜美代表からの貸付がなされています。
その金額は2億5000万円。
ただし、貸付日は不明です。

渡辺喜美代表への返済は、以下のとおりです。

2012年4月25日      1500万円
2012年8月6日        500万円
2012年12月27日     9000万円

渡辺喜美代表は、この計1億1000万円の返済を受けているので、
結局、渡辺喜美代表への未返済額は1億6000万円となります。

(6)では、以上の渡辺代表の「みんなの党」への貸付のうち、原資が2010年のDHC吉田会長からの3億円、2012年の同5億円だったものがあるのでしょうか?

先月(2014年3月)26日発売の『週刊新潮』(2014年4月3日号)の記事「公職選挙法」違反疑惑 「政治資金規正法」違反疑惑 「脱税」疑惑 借金8億円を裏金にして隠した「みんなの党」代表への実名告発 さらば器量なき政治家「渡辺喜美」代議士  DHC吉田嘉明会長独占手記」によると、
2010年7月11日執行の参議院議員通常選挙を控え、渡辺代表は、吉田会長に対し、
「参院選のための資金を貸してもらえないでしょうか。3億円あれば大変助かります」
と申し出をし、
吉田会長は、同年6月30日、
自分の個人口座から、被告発人渡辺が指定してきた銀行口座〈りそな銀行衆議院支店「渡辺喜美」〉に、
3億円を振り込んだようです。

渡辺喜美代表から「みんなの党」への貸付があったのは、前述したように、それよりも前の同年3月29日(5000万円)と6月21日(1億2000万円)でした。

したがって、吉田会長の3億円は、「みんなの党」に貸し付けられたと報告されてはいないことになります。

あわせて読みたい

「渡辺喜美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  9. 9

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

  10. 10

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。