記事

4月15日(火)ムネオ日記

 十勝管内大樹町で昭和58年から大変お世話になり、かつ現在は息子さん方が熱心に支援して下さる方のお父様の葬儀委員長のため昨夜は大樹町に泊まった。

 朝早く起きて旭浜という漁港を見に行く。私が国務大臣 北海道・沖縄開発庁長官の時開港した。

 漁港を見渡す高台に「旭浜漁港開港記念碑、国務大臣 北海道・沖縄開発庁長官 鈴木宗男記 平成10年3月吉日」という御影石の風格ある記念碑がある。

 16年振りに眺めながら、さまざまな出来事が脳裏を過った。

 浜の皆さんの思いを受けて着手した漁港整備だが、立派に完成し地域を支えている姿に安堵しながら、これからも地方地域の声なき声をしっかり受け止めて参りたいと決意した次第である。

 「のど元過ぎれば熱さ忘れる」と言うことわざがあるが、日本人をよく表している。

 猪瀬前東京都知事が徳洲会側から5千万円ものお金を受け取り辞任したが、公職選挙法違反・収支報告書の虚偽記載で略式起訴され50万円の罰金を払ったら猪瀬前都知事への批判はなくなってしまう。辞任したからそれで責任を取ったと済ます問題ではない。

 メディアは政治資金規正法がザル方で抜け道があると指摘し法改正に向けた発信をし世論喚起すべきでないか。

 みんなの党前代表の渡辺喜美氏についても代表を辞めたからと言って済む話ではない。

 8億円もの大きな巨額のお金をどうして借りてどのように使ったか説明責任を果たしているかどうかやはりメディアは国民に向け政治資金規正法改正の必要性を訴えるべきでないか。

 世論・国民の声が「ザル法は駄目だ、しっかりした政治資金規正法にすべきだ」と言う盛り上がる声で新しい道筋が作られていくのではないか。

 「良薬は口に苦し」厳しいことを言うことが親切であることをお互い考えたいものである。

あわせて読みたい

「政治資金規正法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  5. 5

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  10. 10

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。