記事

国民投票法改正案の成立に向けて

 去る4月8日、共産、社民を除く7党は、国民投票法改正案を共同で、衆議院事務総長に提出した。衆議院議員の9割を超える状況で提出出来たことは、誠に喜ばしいかぎりだが、これまでは密室で行ってきた協議なので、憲法審査会という正式な舞台で、確認を含めた一定の質疑を行い、議事録にきちんと残さなければならない。

 憲法改正を国民が判断するという、重要な手続法であるため、今後議論される憲法改正の方向や中味は違っていくと考えられるが、出来るだけ多くの政党が足並みをそろえることに腐心してきた。しかしまた、この枠組みが、今後の憲法改正原案の協議のベースになることを想定しても、大きな間違いではないだろう。

 今回の合意を得る過程で、最も苦労したところは投票権年齢である。現在の選挙権年齢や成年年齢は20歳だが、世界のスタンダードは18歳である。また国の基本に関わる憲法判断には、若い世代にも積極的に参加して欲しいとの趣旨で、投票権年齢を4年後に18歳に引き下げることを決めた。

 問題は、投票権年齢と選挙権年齢がずれてしまっては、様々な不都合が生じる可能性があり、出来るだけ早期に18歳に揃える必要がある。そこで8党合意の項目の中に、2年以内に選挙権年齢を18歳に引き下げるため、各党プロジェクトチームを作ることを入れた。そしてそれが実現したら、4年を待たずして、投票権年齢も引き下げることを決めた。

今回の年齢問題は、憲法改正手続きに限らず、成年年齢すなわち幾つから「大人」として社会的に認定すべきかという議論に、今後発展していく可能性を孕んでいる。あらためて憲法改正問題の幅の広さを痛感するとともに、責任の重さを自覚している。

あわせて読みたい

「国民投票法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  10. 10

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。