記事

発足から1年半。ソーシャルゲーム協会が解散危機

2012年11月に組織されてから1年半。コンプガチャ規制の荒波を乗り越えるべく結成された、ソーシャルゲーム協会に危機が訪れております。

コンプガチャやRTMで批判を浴びた、ソーシャルゲームの健全性を担保しようとして設立されましたが、ご存知の通り、規制に関する足並みの乱れや、グリーの未成年者課金問題など、全く業界をコントロールできずに存在意義を疑われておりました。

「ソーシャルゲーム協会、GREE・Ameba・Mobageに「お墨付き」

一般社団法人ソーシャルゲーム協会(JASGA)は25日、同協会が定めた「ソーシャルゲームプラットフォーム運営体制に関する基準」(運営体制基準)を遵守する体制を構築しているとして、グリーとサイバーエージェント、ディー・エヌ・エー(DeNA)の3社が手がける4つのゲームプラットフォームを認定した。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130725_609125.html

こんな活動もしてます。自分たちで自分たちの運用体制を認定しているわけで、ユーザーへのアピールと言うより、消費者庁へのパフォーマンスにしか見えないところに、組織としての限界があったのではないでしょうか。 

そして2014年3月31日付けで、LINEが協会を脱退したことがわかりました。

「LINEも見捨てたソーシャルゲーム スマホシフト・勢力図激変でJASGAは解散へ」

グリーとDeNAを中心に設立された「一般社団法人ソーシャルゲーム協会(JASGA)」という業界団体が解散に向かっている。

その前兆か。3月31日、理事を出していた主要6社の1社、LINEが同協会をひっそりと脱退していた。LINEの森川亮社長は協会理事を辞任している。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20140411/262770/?n_cid=nbpnbo_rank_n

グリーやDeNAの影響力低下や、アップルやグーグルの協会未加入など、取り巻く環境に対応できなかったんですね。

結局、CESAに合流という結果になりそうです。

例によって場当たり的と言うか、だったら最初からCESAに入っとけと思わなくも無いですが、非常にソーシャルゲームっぽいという気もします。

LINEは「ソーシャルゲーム」と呼ばれたくないそうで、記事にあるとおり、「ソーシャルゲーム」という言葉が死語となる日も近いかもしれません。

あわせて読みたい

「ソーシャルゲーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    HDD転売事件が世界最悪級なワケ

    新倉茂彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    貧困シングルマザー生む単独親権

    田中俊英

  3. 3

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  4. 4

    アンダーヘア脱毛 医師から賛否

    NEWSポストセブン

  5. 5

    前夜祭巡りホテルが5000円否定か

    田中龍作

  6. 6

    HDD流出 騙しで揺らぐ信用業務

    自由人

  7. 7

    できる人の当たり前 通じぬ人9割

    藤沢数希

  8. 8

    「甲子園は商業的」報じない朝日

    メディアゴン

  9. 9

    オタク差別扇動? 社会学者に呆れ

    狐志庵

  10. 10

    話題の肛門日光浴 医学根拠なし

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。