記事

発足から1年半。ソーシャルゲーム協会が解散危機

2012年11月に組織されてから1年半。コンプガチャ規制の荒波を乗り越えるべく結成された、ソーシャルゲーム協会に危機が訪れております。

コンプガチャやRTMで批判を浴びた、ソーシャルゲームの健全性を担保しようとして設立されましたが、ご存知の通り、規制に関する足並みの乱れや、グリーの未成年者課金問題など、全く業界をコントロールできずに存在意義を疑われておりました。

「ソーシャルゲーム協会、GREE・Ameba・Mobageに「お墨付き」

一般社団法人ソーシャルゲーム協会(JASGA)は25日、同協会が定めた「ソーシャルゲームプラットフォーム運営体制に関する基準」(運営体制基準)を遵守する体制を構築しているとして、グリーとサイバーエージェント、ディー・エヌ・エー(DeNA)の3社が手がける4つのゲームプラットフォームを認定した。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130725_609125.html

こんな活動もしてます。自分たちで自分たちの運用体制を認定しているわけで、ユーザーへのアピールと言うより、消費者庁へのパフォーマンスにしか見えないところに、組織としての限界があったのではないでしょうか。 

そして2014年3月31日付けで、LINEが協会を脱退したことがわかりました。

「LINEも見捨てたソーシャルゲーム スマホシフト・勢力図激変でJASGAは解散へ」

グリーとDeNAを中心に設立された「一般社団法人ソーシャルゲーム協会(JASGA)」という業界団体が解散に向かっている。

その前兆か。3月31日、理事を出していた主要6社の1社、LINEが同協会をひっそりと脱退していた。LINEの森川亮社長は協会理事を辞任している。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20140411/262770/?n_cid=nbpnbo_rank_n

グリーやDeNAの影響力低下や、アップルやグーグルの協会未加入など、取り巻く環境に対応できなかったんですね。

結局、CESAに合流という結果になりそうです。

例によって場当たり的と言うか、だったら最初からCESAに入っとけと思わなくも無いですが、非常にソーシャルゲームっぽいという気もします。

LINEは「ソーシャルゲーム」と呼ばれたくないそうで、記事にあるとおり、「ソーシャルゲーム」という言葉が死語となる日も近いかもしれません。

あわせて読みたい

「ソーシャルゲーム」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  8. 8

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。