記事

『ドラえもん』5巻 「ぞうとおじさん」を語る

 娘が保育園の卒園式で合唱構成「ぞう列車がやってきた」のうちの数曲を唄った。そのあと、保育園の先生たちから「ぞう列車がやってきた」を唄わないかと誘われた。園とは別に市民団体(うたごえ運動の団体)で唄っているやつである。卒園したが4月からその合唱に参加している。ぼくは唄っていないが、娘が通って楽しそうに唄っている。保育園時代の仲間が数人いるので(学校にはあまりいない)、そういう楽しさも手伝っているのだろう。

 保育園では「ぞう列車」にかかわる絵本を何冊か読んだようだった。

 「ぞう列車」というのは、戦争で動物園の動物がたくさん殺され、戦後生き残った東山動物園(名古屋)のゾウを見るために走った、特別な列車のことである。

 つれあいはぼくと同じように「見るだけ・聞くだけ」参加であるが、子どもが唄う様子を見たり、それらの歌に親しんだり、合唱構成の全体を改めて知るなかで、「やっぱりこういう古典的な戦後民主主義の平和教育にふれるのって大事かもね」と感心することしきりであった。

 対比的に、戦争の悲惨さを強調する写真などでの教育を念頭においていた。

 むろん、それらの教育は必要であるとくり返していたが、「ぞう列車」の中にある、戦争から解放された国民の明るい雰囲気、近代を再建しようとする楽観がみなぎる調子が、戦後的平和への積極的な価値を、自然に子どもたちに教えるというふうにとらえたのであろう。

 たとえば、「冷たい冬が過ぎ 春を迎えたように 今こそ伝えよう あふれる喜びを」とか「象列車よ急げ やみをさいて走れ」というようなフレーズ一つをとってみても、単なる戦争の悲惨を伝えるというより、それから解放される明るさが伝わってくる。

 子ども議会で10万人の署名を集めて動物園に「ゾウを貸してください」と要求するプロセスなども歌の中に盛りこまれている。主権者として行動するという物語もきちんと用意されているのだ。

「ぞうとおじさん」の特性

 「ぞう列車」に触発され、ぼくは、久々に『ドラえもん』の「ぞうとおじさん」が読みたくなったので、てんとう虫コミックス5巻を買ってやると約束して買ってやった。

 知らない人のためにあらすじを書いておくと、のび太のおじさんが、インドから帰ってきて不思議な話を披露する。戦争中好きでよく見に行ってはずの動物園のゾウは戦争中に殺されてしまうのだが、現代になって自分がインドの山奥で死にかけたときにやってきて助けてくれたというのである。ドラえもんとのび太は、ゾウが殺されたという情報を聞いた時点で憤激し、タイムマシンでゾウを助けにいくのである。

 「ぞうとおじさん」には、「ぞう列車」で唄われたような、戦後の、主権者として行動や解放感については出てこない。

[画像をブログで見る]
 絵本『かわいそうなぞう』と同じように、「ぞうとおじさん」では、殺処分される悲惨がまず作品のメインにくる。動物という入口を通じて、戦時社会および戦争の抑圧性を現代の子どもに届けるという点では共通しており、子どもたちに届きやすいという意味ではすぐれた教材である。*1

 軍の描き方は類型的である。が、それがかえって、良い。ヒゲをはやし、高慢で、民間人に抑圧的に接する――戦後教育としてはまずこのような軍部像から出発させるべきである。

 ゾウの殺処分を聞いたときに、子どもはまず「どうにかしてゾウは救えなかったのだろうか」と思うだろう。「ぞうとおじさん」は、そこを救済する。スモールライトでゾウを小さくし、ゆうびんロケットで、インドの山奥に届けてしまうのだ。この救済はまさに『ドラえもん』の本領発揮で、ノンフィクション絵本では許されない介入である。

[画像をブログで見る]
 すでに虚構と現実の区別をつけている子どもたちは、ドラえもんとのび太によるゾウの救済は、虚構であることをよく知っている。この虚構によってもたらされる救済は、作品としての爽快感をもたらす。仮にここで話が終わったとしても、虚構の救済がもたらした爽快感は、歴史上の殺処分の残虐性を浮き彫りにすることにはなるだろう。

 だが、藤子・F・不二雄はそこでは終わらなかった。ラストでゾウがおじさんを助けてくれたというエピソードを用意した。

 おじさんを助けてくれたゾウは、おじさんが子どものころによく見に行っていた「ハナ夫」に似ていた。また、もうろうとしていたなかでの出来事だった。


 (1)「本当はハナ夫ではなく、単に似ていたゾウがおじさんを運んだだけかもしれない」(2)「それとも本当にハナ夫だったのか」という問いは、まるで現実にあったかのような錯覚を引き起こさせる問いである。

 のび太のパパは「そりゃゆめだよ」と断じる。おじさんは「ぼくも、そう思うんだけどね」と断りつつ「ゆめでも、うれしかったなあ」と懐かしむような顔をするのは、(1)の立場を代表する。これに対して「ハナ夫はぶじにインドへついたんだ」「今でも、元気でいるんだ」というドラえもんとのび太の言葉は、(2)を代表する。

 ここで「本当にハナ夫が助けたかもしれない」というリアリティが生じる。

 ドラえもんとのび太による救済は、この段階にきて一気にリアリティを帯びる。

 もちろん、子どもたちは作品を閉じてみればそれは虚構であったとわかる。しかし、手をとって喜び合うドラえもんとのび太の姿に、「本当にハナ夫が助けたかもしれない」という思いを、あなた方は抱かなかっただろうか。その瞬間、まぎれもなくリアルが成立していたのである。

 戦争がもたらした殺処分の残酷さという点だけでなく、SF作品として独自の魅力があることを、久しぶりに読んで思い知った。

 まあ、そんな「平和教育」をほどこす一方で、『ストライク・ウィッチーズ』を娘と二人で観て、やっぱりハルトマンの攻撃はかっけーとか、『艦隊これくしょん艦これ― いつか静かな海で』を娘と取り合いして、空母駆逐艦について語ったりしているわけだがな。 

[画像をブログで見る]

あわせて読みたい

「ドラえもん」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  4. 4

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  5. 5

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  6. 6

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  9. 9

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  10. 10

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。