記事

NTTドコモ「カケホーダイ」「パケあえる」 家族は安く、個人は高い。

NTTドコモが新料金プランを発表した。6月1日からの適用になる。結論から述べると4人家族などの場合は安くなることが多いが、ひとり暮らしや2人以下の場合は今までとあまり変わらないか、通話が少なければ高くなる場合もある。

リンク先を見る
4人家族で2人が25歳以下の場合
カケホーダイプラン 2,700円 × 4
spモード 300円 × 4
シェアパック10 9,500円 × 1
シェアオプション 500円 × 3
U25応援割 -500円 × 2
合計 22,000円
1台あたり 5,500円
ここに通話料が含まれるので、今までより安いと言っていい。

2人家族で2人ともデータ通信をよく使う場合
カケホーダイプラン 2,700円 × 2
spモード 300円 × 2
データMパック × 2
合計 16,000円
1台あたり 8,000円
この場合は、たっぷり通話するという人を除けば、安いという印象はない。データの上限が5GBになったことから、通話が少なくデーター通信が多い人にとっては値上げになる場合もある。

つまり、ドコモの新プランは家族向けだ。ドコモはビジネスマンからの人気が高い。つまり、父親をきっかけに家族を巻き取る戦略とも言える。ミドルユーザまでを優遇しすることでイオンスマホ等への逃げを防ぐ効用もある。

以前からデータ通信はボリュームディスカウントの考え方が適すると言い続けて来た。今回のシェアパックは部分的にそれが採用されてた形になっている。ただ、最初にプランを決めるのではなく、使用量に応じて自動でボリュームディスカウントが適用される仕組みの方がシンプルだ。水道のように使った分だけ払うのがいい。そして水道と同じくらい気にしなくて構わない料金になることを国民は望んでいる。今回の新プランはそこに至るまでの一歩、と評価できる。

あわせて読みたい

「ドコモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    安倍首相に振り回され続ける日本

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。