記事

世界の殺人とDVの割合

東京新聞が伝えるところによると、「国連薬物犯罪事務所(UNODC)は10日、2012年に世界で起きた殺人事件で約43万7千人が犠牲になったと発表した。うち15%の6万3600人が家庭内暴力(DV)の犠牲者で、中でも女性が4万3600人と7割近くを占めた。」

この元データは→Some 437,000 people murdered worldwide in 2012, according to new UNODC study

同機関のJean-Luc Lemahieu氏は、以下のようにまとめている。

「あまりに多くの命が悲劇的に断たれており、あまりに多くの家庭と地域が害されている。いかに暴力犯罪が世界中の国を蝕んで、特に若者に影響しているか、そしてまた女性に重大な被害をもたらしているか、いますぐ理解する必要がある。」

一般的に殺人被害者の80%が男性で、その犯人の95%が男性だが、殺人事件のうち15%に当たる63,600件は家庭内の事件(DV)であり、その被害者の約70%に当たる43,600人が女性だという。

また若者・子どもが被害者となるケースも注目されており、約半分の殺人被害者が30歳以下、しかも15歳以下の被害者が殺人被害者全体のうちの約15%を占めている。

地域的な分析によれば、約半分の殺人事件はアメリカ大陸とアフリカ大陸で起きており、世界の人口シェアの11%の地域で約半分の殺人事件が起きているという。これに対してヨーロッパ、アジア、大洋州は比較的殺人事件が起きる割合が少ない。

組織犯罪に結びついた殺人が特に多いのがアメリカ大陸で、全殺人事件の30%がこの種の殺人であり、1950年代以来、ヨーロッパやアジアの5倍から8倍に昇る。

そして、殺人犯が有罪判決を受ける割合も、世界平均では43%だが、アメリカ大陸では24%にとどまり、アジアは48%と平均的、ヨーロッパは81%と高い有罪率を誇っている。

さて、日本ではどうかな?

あわせて読みたい

「DV」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    オミクロン 高齢者に感染させないことさえできれば

    中村ゆきつぐ

    01月26日 09:23

  2. 2

    何故、立憲民主党より維新の支持率の方が高いのだろうか

    早川忠孝

    01月26日 09:15

  3. 3

    “周囲の乗客は見て見ぬふり”は許される?たばこ注意の高校生が暴行被害で論争勃発

    女性自身

    01月26日 18:36

  4. 4

    「正社員の特権がどんどん消えていく」扶養手当、住宅手当…諸手当が"全廃止"される日

    PRESIDENT Online

    01月26日 14:34

  5. 5

    日本電産のカリスマ経営者、事業継承に苦悩

    ヒロ

    01月26日 12:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。