記事

統一地方選挙の政党別当選比率と政党支持率をグラフ化すると?

1/2
2014年も4月に入りました。

統一地方選挙まで1年弱。

政党によっては地方新聞の紙面上に政党所属議員紹介等を掲載する等、来年の統一地方選挙に向けての各種活動が目に見えるようになりました。

マスメディアが来年の統一地方選挙についても、チラホラとりあげる時期にさしかかります。
(統一地方選挙についてマスメディアが多く報道する時期についてはこちらをご覧ください。
http://www.katsuseijika.com/blog/details.php?p=1246)

そこで今回は、平成15年(2003年)〜平成26年4月(2014年)までの各政党支持率をグラフ化し、平成15年4月(2003年)、平成19年(2007年)、平成23年(2011年)に執行された、統一地方選挙での各政党別当選比率を比べてみました。

平成15年(2003年)〜平成26年3月(2014年)までの政党支持率をグラフ化すると下記のようになりました。

グラフデータの出所はNHK放送文化研究所政治意識月齢調査からです。http://www.nhk.or.jp/bunken/yoron/index.html

リンク先を見る

統一地方選挙が行われた平成15年4月(2003年)は小泉内閣でした。

この時の各政党支持率は
自民党 31%
民主党 6.5%
公明党 3.5%
共産党 1.7%
社民党 1.5%
支持なし 53%

でした。

この状況下で執行された統一地方選挙において、各政党の議席割合はどのようなものだったのでしょうか?

グラフデータの出所は、総務省 地方選挙結果調からです。http://www.soumu.go.jp/main_content/000164115.pdf

県議の党派別当選人比率をグラフ化をしたものが下記です。
(以下グラフは県議の党派別当選比率)

リンク先を見る

自由民主党 49.7%
民主党 7.8%
公明党 6.8%
共産党 4.1%
社民党 2.8%
諸派 1.7%
無所属 26.1%

という結果になっています。

続いて、平成19年(2007年4月)の政党支持率を見てみます。

2007年4月は安倍内閣でした。

この時の各政党支持率は、
自由民主党 33.4%
民主党 12%
公明党 4%
共産党 2.1%
社民党 0.8%
諸派 1.7%
支持なし 41.3%

でした。

2003年4月と比較をすると、支持なしの割合が10%ほど下がっています。

この状況下で実施された、統一地方選挙の各政党の当選人比率はどのようなものだったのでしょうか?

グラフデータの出所は、総務省 地方選挙結果調からです。http://www.soumu.go.jp/main_content/000164115.pdf

県議の党派別当選人比率をグラフ化をしたものが下記です。

リンク先を見る

自由民主党 46.7%
民主党 14.8%
公明党 7.1%
共産党 3.9%
社民党 2%
諸派 1.6%
無所属 22.9%

あわせて読みたい

「統一地方選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  3. 3

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  4. 4

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  5. 5

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  6. 6

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  8. 8

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  9. 9

    岸長男めぐり安倍家-岸家が火花?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「LGBTで滅びる」削除要請に非難

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。