記事

男の子の憧れの職業が「警察官」! - 鈴木邦男

 月に1冊も本を読まない大学生が4割以上もいる。そんなショッキングなアンケート結果が出ていた。本を読まないで、スマホなどから「情報」を得るのだという。そういえば電車の中でも、大学生に限らず大人も本を読んでない。皆、スマホか携帯を見ている。それにしても、こんなに本を読まない大学生が多いとは驚きだ。大学生の仕事は「本を読むこと」ではないのか。本を読まない大学生など、やめさせてしまえ。と思ってしまう。

 こりゃ、世も末だと思っていたら、もう一つ、ショッキングなアンケート結果が発表されていた。「産経新聞」(4月4日)を見て、ビックリした。〈男の子「警察官」、女の子「芸能人」〉と出ていた。「過去最高」だという。「新小学1年生、なりたい職業」だ。

 〈クラレは3日、小学校に今春入学する新1年生に就きたい職業を尋ねたアンケートの結果を発表した。男の子は「警察官」が10.9%、女の子は「芸能人・タレント・歌手」が13.1%と、ともに過去最高の回答比率で2位となった〉

 過去最高というから両方とも1位かと思ったら、2位なんだ。2位ではあるが、急成長でその伸び率が「過去最高」だ。2位ではあるが、これは驚きだ。ということらしい。僕もこの記事には驚いた。2位でも3位でも、ともかく上位に「警察官」が来たことだけでショックだった。昔、学生運動が盛んだった時なら、警察官は「権力の犬」と馬鹿にされ、大学生にとっては最低・最悪の職業だったはずだ。小学生だって、アンケートをしたら、「なりたくない職業」のトップだっただろう。かわりに「なりたい職業」は「革命家」「活動家」だったりして。これはないか。たぶん、クラレは毎年のアンケートを持ってるのだろう。ぜひ公表してほしい。〈日本の100年。子供の「就きたい職業」の移り変わり〉だ。何なら、マガ9がクラレを訪ねて、聞いてきてほしい。産経に載ったこの調査はどうやって行われたのか。産経の記事には、こう出ていた。

 〈調査はクラレの素材を使ったランドセルの購入者に実施。4000通の回答を集計した〉

 だったら、いっそのこと、小学1年生全員に実施したらいい。この調査結果に気をよくして文科省がやるかもしれない。「ほら見ろ。自民党政権を支持し、この国の治安を守ることに命をかけたいと言う小学生がこんなにいるんだ!」と、「愛国心教育」にもなる。

 クラレの調査結果に戻るが、男の子が「警察官」、女の子が「芸能人」が過去最高だ、急上昇だ。でも2位だ。じゃ、1位は何なんだろう、と思ってみたら…。

 〈1位は、男の子が「スポーツ選手」で22.6%、女の子が「パン・ケーキ・菓子店員」で29.0%だった。ともに調査を開始した平成11年以来、16年連続で1位となった〉

 1位は昔から変わらないんだ。2位だけが急に増えたんで騒いでいるんだ。ここでは、調査を開始したのが平成11年と出ている。じゃ、その前の記録はないのか。いや、あるはずだ。本当はあるんだが、どこかの政治団体や市民運動に利用されたら困ると思って、やってないと言ってるのかもしれない。

 でも、世論調査もアンケート調査も、いろんな人々に利用される。「警察官」になりたい男の子が「過去最高」だが、これをどう読むべきか。皆、自分なりに考え、判断する。「子供の目から見るとお巡りさんは格好よく見えるのかな」とか。「子供も安定を求めているのか」「制服の魅力だろう」「ピストルをいじりたいのだろう」…と。僕なんかは、ひねくれてるから、こう邪推した。「これは権力の謀略だ。テレビを使って、体制的な人間を作っているんだ」…と。

 まあ、少しは本気もある。だって、テレビでは刑事ドラマばっかりじゃないか。ドラマといえば、ほとんどが刑事ドラマだ。あとは、お笑いタレントのバラエティばかりだ。真面目に仕事をし、闘っているのは警察官しかいない。子供はそう思っちゃうだろう。でも調査を実施したクラレでは、そんなことは言わない。「刑事ドラマを使って国民を洗脳しようとしている」「小学生から“右傾化”が始まっている」…などとは言わない。客観的に、こう分析している。

 〈広報担当者は男の子の警察官人気について「東日本大震災などで人の役に立ちたいという気持ちが高まったのではないか」と指摘。女の子はAKB48などのアイドルグループの活躍が影響したとみている〉

 たしかに大震災の影響はあっただろう。それなら、むしろ「自衛官」が増えていい。でも自衛官は「就きたい職業」に入ってない。10位にも入ってない。小学1年生だから、日本に自衛隊があることを知らないのか(僕も知らなかった)。あるいは、素直に日本国憲法を信じているから、自衛隊の存在など思いつかないのか。あるいは、「政治的判断」「政治的利用」になるからと思って、クラレが取ったのか。取ったといっても、「自衛官」と書いた子供のアンケートを外したわけではない。このアンケートは、もしかしたら、「記述式」ではなく、書かれている選択肢の中から○をつけるものだったのかもしれない。だったら、はじめから「自衛官」や「革命家」は入ってないだろう。

 でも、どっちにしろ「警察官」になりたい子供が急増したのは事実のようだ。だが、不思議だ。新聞を見ると、警察官の不祥事が目につく。袴田事件でも、無実の人を逮捕し、証拠を捏造した。ストーカーの相談をされたのに何もしないで、殺されてしまった。そんな事件が多い。警察は頼りにならない、何をしてるんだ、という声が多くあがっている。そんな中でも、子供が「正義の為に戦おう」と思ったら、警察官しかないのか。寂しい話だ。

 いやいや、だからこそ、テレビ局と手を組んで、刑事ドラマを増やして、「洗脳」しているのかもしれない。そういう僕だって、「相棒」は全部見てるし、上野松坂屋でやってる「相棒展」も見に行っちゃった。

 最後にお知らせです。4月14日(月)、阿佐ヶ谷ロフトに出ます。最近書いた僕の本、『連合赤軍は新選組だ!』(彩流社)の出版記念トークイベントです。当日は、連合赤軍事件を描いた映画『光の雨』の上映と、監督の高橋伴明さんとのトークもあります。又、連合赤軍事件に参加した植垣康博さんたちも登場します。午後6時45分から『光の雨』の上映。8時半からトークです。途中からでも入れます。考えてみたら、この事件からかもしれません。「悪い人たち」と闘う警察官のイメージが急に大きくなったのは。人質をとって「あさま山荘」に立てこもる凶悪な過激派。彼らの銃で警察官は何人も殺されます。でも、じっと耐えます。そして、突入。犯人を逮捕します。人質も救助しました。この後、犯人たちの「恐ろしい犯罪」が次々と暴露されます。あさま山荘に立てこもる前に、何と、仲間うちで殺し合いをして、死体を埋めていたのです。この1972年の事件以降、革命家、左翼はただの「悪」になりました。警察官は「正義」になりました。そして今では子供の就きたい職業になったのです。

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。