記事

小保方さん会見 問題点の整理

小保方さんが、弁護士を携えて会見を行いました。

表情はうつろですが、原稿を使いながらもしっかりと自分の意見を述べていました。今回の問題を整理します。

1 研究者としての資質

正しいデータの扱い方、図表の考え方、研究の仕方、それらを早稲田のコピペ文化で教育を受けた小保方さんに今の一般的研究者倫理を要求する事は不可能です。

東大上先生の批判は一般的ではない小保方さんにはかみ合いません。ただ今の一般的な常識に照らす研究者の資質はありません。

またノートの冊数の点は、嘘を嘘と認識できていない作話があるのではと感じました。

2 論文の体裁

コピペ、切り貼り、図表の取り扱いがあまりに杜撰。世界を覆す研究であったからこそ論文は再提出すべきレベルだと思われます。山梨大若山先生の行動パターンが普通の研究者の考え方。それを修正すれば構わないと言う今日の会見での発言も、一般的研究者には理解できません。

3 労働法的問題

改竄など意図的かどうかが焦点です。理研の取り決めで決まるものだと思われますが、ただ今日の会見の発言を見ると悪意を証明するのは難しいと思います。おそらく訴訟では解雇は不当と法的にはなりそうです。

4 STAPの存在

今回の会見では存在はまだ不明。第3者が作ったと言っているが、その人間の名前が言えない。なにせ200回以上STAPを作ったと言いながら、共同研究者の笹井先生、丹羽先生が何も言わない。

ネズミを作成した若山先生に送られたSTAP幹細胞のDNA解析で判明したES細胞混入疑惑。少なくとも増殖できるSTAP幹細胞はないのではと思う。

今までこのような複数の問題をまとめて論じていたためどうも混乱していた。今回の小保方さんの会見は問題点をスッキリさせたと思う。

あわせて読みたい

「STAP細胞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    第2回 どうして参政党を作ったのか。なぜ国政政党で国会議員の排出を目指すのか。

    神谷 宗幣

    01月24日 12:01

  2. 2

    安倍晋三氏 国会そっちのけで安倍政権の検証本を熟読 エゴサに透ける再々登板への色気

    SmartFLASH

    01月24日 15:54

  3. 3

    「やめてもらえませんか」電車内での喫煙を注意した高校生が10分以上も暴行を受ける 他の乗客は止めず

    ABEMA TIMES

    01月24日 18:25

  4. 4

    ウクライナ巡り高まるアメリカとロシアの緊張 バイデン外交はロシアに対峙できるか?

    ヒロ

    01月24日 10:52

  5. 5

    米政府、在ウクライナ大使館員の家族に退避命令

    BBCニュース

    01月24日 11:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。