記事

4月9日(水)ムネオ日記

 与野党7党は昨日、憲法改正手続きを確定させる国民投票改正案を衆議院に共同提出している。

 国民投票改正案は憲法改正の是非を問うものだが、憲法改正には各党それぞれ温度差がある。

 衆議院では自民・維新・みんなが憲法改正に前向きで3分の2の議席を持つが、参議院は3分の2がないので国民投票法改正案が成立したとしても実施に至るにはハードルがある。

 憲法96条では衆議院・参議院の3分の2以上で憲法改正を発議し、その後、国民投票で過半数の賛成を必要としている。

 今回の改正案では法施行から4年後に投票年齢を20歳から18歳以上に引き下がることや公務員の政治活動にも触れているが、何よりも国民の理解を得ることが一番である。

 日本の将来に係ることなので国民から選ばれた国会議員はしっかり議論に議論を重ね、国民に説明責任を果たして戴きたい。

 STAP(スタップ細胞)の論文問題で小保方氏が記者会見した。

 捏造ねつぞうや改ざんがあったと認定されたことに対し不服申し立てをし、それに対しての説明・反論の機会だったと思うが、読者の皆さんはどう受け止めたであろうか。

 理化学研究所調査委員会はきちんとした報告を一日も早く出して戴きたいものである。

 釧路で葬儀委員長を務め、収骨・繰り上げ法要にも出席しお参りし、夕方東京に戻る。

 人生の別れ・出会い等をしみじみ考えた一日でもあった。

あわせて読みたい

「国民投票法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  3. 3

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  10. 10

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。