記事

4月8日(火)ムネオ日記

 みんなの党 渡辺喜美代表が昨日8億円借り入れ問題で辞任したが、今朝のテレビ報道・新聞各紙は渡辺氏の説明に対し納得していない。国民も同じ認識だろう。8億円と言うお金はとんでもなく大金である。

 前回の記者会見で手元に残っていないと言っていたお金は、昨日は妻の口座で保守・管理してもらっていたと述べている。

 これでは猪瀬前都知事の妻の貸金庫に保管していたと同じ流れである。

 又、渡辺氏は法的には問題がないというが、決めるのは検察・警察で、特に世論である。

 自分から法的に問題ないと言っても法律以上に重い道義的責任問題はまだ解決されていないのである。

 返金してもこの問題の決着ではないというのがテレビ・新聞での一般の皆さんの圧倒的声である。お金の使い道を正直に説明した方が渡辺喜美氏の将来のためではないか。

 お金を貸したDHCの吉田会長は「問題は私に嘘をついたかもしれないということですが、中略、これからは嘘をつかないようにしましょうねと注意して上げるだけの話です」とコメントしているが、「嘘」と言われないためにもやはり説明責任を果たすことが大事である。時間を置くと又、色々言われる。一日も早くあの饒舌じょうぜつな喜美流のもの言いで国民がわかったと理解する説明を願ってやまない。

 3月14日から2泊3日の予定で2歳と9カ月の子供を預かり、2歳の男児の遺体が見つかり死体遺棄容疑で逮捕されたベビーシッターが再逮捕されている。

 9カ月の子にミルクをあげず、発見時には服も着てなく低体温症脱水症状もあり体に数個の痣があったという。

 この件についてはブログで乙武さんとのやり取りもあったが、どう考えてもよく調べず、自分のお腹を痛めたかけがえのない最愛のしかも2歳と9カ月の子供をいい加減なベビーシッターに預けた親の責任は大きいのではないか。

 22歳の母親の近くに44歳の自分の母親がいるにもかかわらず、何のために2泊3日預けたのか。

 その説明もなく極めて安易にネットで見つけたベビーシッターに預け、一人は亡くなり、もう一人も今も入院中と聞くとやはり親としての基本的な心構え、有り様が問われるのではないか。

 こうした悲しい出来事が2度と再び起きないことを願う者として、やはりこのお母さんにどうした経緯でベビーシッターを頼み、身元確認等どうだったのか話してもらうことが世の中色々な事情の中で頑張っているシングルマザーの皆さんに安心と勇気を与え、更に政治の面で何をサポートし政策展開が必要か見えてくると思うのだが。

 午後から大変お世話になっている方が亡くなり、葬儀委員長を仰せ付かったので釧路に飛ぶ。

 昭和58年からの支援者との別れは辛いものである。心からのご冥福をお祈り申し上げた。

あわせて読みたい

「渡辺喜美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  7. 7

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

  10. 10

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。