記事

コスメ領域から拡大中のアイスタイルをちょっと調べてみた

@cosme』でおなじみアイスタイルのコーポレートサイトに「HISTORY」ってコンテンツがあるのですが、創業期までのエピソードが掲載されていて、2000年前後の苦難と希望が書かれていて、とても面白いのです。CA藤田さんの創業期の日記のような息づかいを感じます。「成長期」以降のエピソードはComing Soonのままなので、更新が待ち遠しい。

画像を見る

さてそんなアイスタイルですが、一昨年念願のマザーズ上場を果たし、昨年は一部に市場変更しました。ただ前述の通り、創業期は一時債務超過に陥るなど苦しい時期を過ごしていたようです。しかし、創業以来増収を続けています。

画像を見る

事業の柱は何と言っても『@cosme』ですが、一昨年サロン予約サイトの『ispot』を子会社化し、これまでのコスメ領域だけでなく、サロン領域に事業範囲を広げていってます。さらにプロシューマーと呼ばれる潜在的なプロ技術者とユーザーを繋ぐサービス『ちぢまる』をリリースし、サロン領域の拡充をはかっている感じがします。4月1日にミクシィから譲受完了したDSP、DMPサービスも今後存分に活用されていきそうです。海外展開も香港、シンガポール、中国、インドネシアに進出し勢力拡大してきてます。

また投資活動も活発になってきていて、アライドアーキテクツ、ネイルサロンのノンストレス社(グロービスと共同出資)、メイク動画『GODMake』運営のバイバース社などへ出資を行っています。

まぁそんなわけで、何が言いたいかというと、昔から好きな会社なので今度行ってみたいなぁということです。


【関連エントリー】
マザーズから東証一部への市場変更をしたネット系企業を調べてみました
六本木IT界隈地図を描きました
おじさんには全く関係ないのですが、女性向けサービスは面白いですね

あわせて読みたい

「企業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。