記事

4月7日(月)ムネオ日記

 昨日、WBC世界ライト級・フライ級ダブルタイトルマッチが行われた東京大田区総合体育館で世界ボクシング評議会(WBC)のマウリシオ・スライマン会長が静岡地裁で再審開始が認められ、48年振りに釈放された袴田巌さんに名誉チャンピオンベルトを贈られた。

 体調検査で入院中の袴田さんに代わって姉の秀子さんが金色に輝くチャンピオンベルトを高々と掲げ感激の表情を示していたが、今や袴田さんの件は世界が注目しているといってよい。

 悪しき権力の間違いが一人の尊い人生を奪ってしまった責任、罪は重い。

 私は国会議員時代から「袴田死刑囚救済議員連盟」を立ち上げ、事務局を担い、今は鈴木たかこ代議士が引き継いでいるが、袴田事件を見てきた者として検察・警察のやり方に強い憤りを感じてやまない。

 今尚、検察・警察が48年間自由を奪ったことに対し、一切のお詫びも反省もない。上から目線の姿にこれらに真実を追求する資格はないとつくづく思うものである。検察官・警察官である前に一人の人間であれと言いたい。

 袴田さんのお姉さんがチャンピオンベルトを手に「早く巌に見せたい」と言っていたが、必ず「無実」という大きな「タイトルベルト」が付くことを信じて疑わないものである。

 私も東京地裁に再審請求をしているものだが、しっかり新しい証拠も出したので、法律の専門家である村木事件で無罪を勝ち得た弘中惇一郎弁護士、足利事件で18年間服役していた菅谷利和さんをDNA鑑定で無罪にした佐藤博史弁護士、元裁判官の木谷明弁護士、同じく裁判官の石塚章夫弁護士の力を借りて真実を明らかにすべく闘って参りたい。

 私も天国と地獄を経験したと自分では思っているが、袴田さんの48年間に比べたら全く比較にならない時間である。しっかり闘って参りたい。

 みんなの党 渡辺喜美代表が、代表辞任記者会見をした。

 8億円は個人的に借りた、法律にも触れないといっているが、8億円と言う金額はとんでもなく大きな金額である。個人的にこの8億円がなんのために必要であったかその説明は一切されていない。ここを正直に説明することが大事ではないのか。この説明がない限り、国民の目は厳しいもので、いつまでも付いて回ることになる。年齢的にもまだ将来ある渡辺喜美氏である。吉田会長のメールには「供託金払い終えました」という写真として記事にも出ている。一日も早く説明責任を果たすことが必要ではと思うのだが。

あわせて読みたい

「袴田事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。