記事

自誓会が描く、3つの価値軸と日本の未来

〜カラフル・コンパクト・オープンな社会で、未来への責任を果たす〜

1.カラフル:多様な価値を認め、現場が動きやすい社会

 カラフルな生き方を認め合うこと自体に大きな価値を求め、多様な主体が活躍するしなやかな共同体・地域が主役の強い経済をつくる。(世代内の共生)

(1) 多様な社会は心地よく、強い

(2) 多様な生き方が認められる社会

(3) 機会均等で助け合える社会

(4) コンパクトな政府、大きな社会

(5) 学校から始まる「新しい公共」

(6) 新たな価値を生む「土発経済」

(7) 九州・北海道から道州制を先行させる

2. コンパクト:人口減少を直視した持続可能な社会

 将来世代へツケを回す政治からは決別し、今を生きる我々世代は将来世代と幸せを分かち合う「未来への責任」を果たす。人口減少を直視し、厳しい選択からも逃げずに持続可能なコンパクト社会をつくる。(世代間の共生)

(1) 人口減少に歯止めをかける

(2) 人口減少に備えた集約化社会

(3) 人の幸せにつながる経済政策 ~家計重視の経済政策~

(4) 脱原発とエコ社会の実現

(5) 農業を持続可能にする

3.オープン:現実主義と「開かれた国益」に基づく外交・安保・経済戦略

 自国の安全を守る明確な意志を持ち、必要な体制を整備する。国際社会の多様な価値観を認め、海洋国家として「開かれた国益」の実現を目指し、国家を越えて人々が触れ合う日本をつくる。(国際間の共生)

(1) 現実主義に根差した安全保障・危機管理

(2) 歴史に根差した「開かれた国益」を外交の基本に

(3) 偏狭な愛国心を排した、アジアとの共生重視

(4) 開かれた経済と企業活動の自由

(5) 教育と科学技術による人材大国

(6) 文化環境立国



上記3つの価値軸の強化のために、ガバナンス改革を行い、「足腰の強い政治」を実現する。

(1)参加する民主主義

(2)信頼される政治(①一体感がある政治、②結果を出し、説明責任を果たす政治

   ③成果を把握し、改善を重ねる政治)

政策冊子はこちらからご覧下さい。
   全体(PDF:20.4MB)
   代表挨拶(PDF:1.6MB)
   ビジョン(PDF:1.6MB)
   所属議員一覧(PDF:17.8MB)

【関連記事】
自誓会発足にあたって

あわせて読みたい

「自誓会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  8. 8

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  9. 9

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  10. 10

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。