記事

「単なる進学校」と「名門進学校」の違い

 週刊誌はどこも高校別大学合格者ランキングなどの特集を組んでいる。桜と並ぶ春の風物詩となっている。

 大学進学実績が学校の価値を物語るわけではないことはいうまでもない。しかし、私学における大学進学実績は、一般企業における利益に似ている。一般企業においては、どんなに崇高な理念や社会貢献的思想を掲げようとも、利益が上げられなければ存続できない。利益を上げているからこそ、社会貢献的なことをする余裕もできるし、大きな夢を語ることもできるようになる。私学も同様で、どんなに立派な教育理念を掲げようとも、実際にそれに基づいた教育をしようとも、大学進学実績もしくはそれに替わるなんらかの形で成果を証明しなければ、自己満足なだけと見なされる。

 大学進学実績が出せればこそ、より本質的な教育を実践する余裕が生まれる。それが名門校で行われている「真のゆとり教育」である。

 そもそも「受験勉強だけをさせればいい」と思っているような学校はない。どんな学校でも基本的には教養を重視している。しかし大学進学実績を残さないと、優秀な生徒が集まらない現実があるので、大学受験対策もおろそかにはできない。すでに実績が出ている学校はそこを強調しなくていいので、結果的に教養重視を打ち出すことができる。より本質的な教育に力を入れることができる。「大学受験なんて小さな目標ではなくて、もっと遠い将来の大きな夢を掲げろ」と生徒たちを鼓舞することができる。生徒たちもその気になる。結果、「大きな夢を実現したいなら、目の前の大学受験なんて楽勝でクリアしなければ」という発想が学校文化として無言のうちに浸透していくのだ。つまり、受験重視か教養重視かという違いは、校風や教育理念の違いではなく、学校としての成熟度の違いだと考えたほうがいい。

 名門校の生徒たちはなんとなく理解する。先輩たちが積み上げてきた実績のおかげで、自分たちも目先の偏差値にとらわれない本質的な教育を受けることができたことを。自分たちだけそのメリットを享受して後輩に同じ環境を残してあげられないとしたらそれはかっこ悪い、自分の目標をあきらめないことで先輩たちからの恩を後輩に返すことができると考える。高校2年生までは親も先生も心配するほどにやんちゃをするが、最後の1年間は死にものぐるいでがんばる。それが名門校の生徒に共通する意識だ。

 数十年という時間をかけて、そのような学校文化を醸成できたことが、名門校のすごいところなのだ。「単なる進学校」と「名門進学校」の違いはそこにある。生徒のおしりを叩いて進学実績を伸ばすのが「単なる進学校」、生徒自らが自分の目標をあきらめないという学校文化が醸成されているのが「名門進学校」ということだ。

 東大合格者数ランキングをネタにして、「筑駒だって、開成だって、たいした受験指導はしていない。学校がすごいんじゃなくて、もともと頭のいい生徒たちが集まっているだけだ」と揶揄する人たちが毎年いる。しかしそれでは「なぜ頭のいい子たちが集まるのか」の説明がつかない。大学進学実績と優秀な生徒が入学してくるかどうかは、卵と鶏の関係なのである。

 以下、拙著『中学受験という選択』から引用(一部改訂)する。

 絵に描いたような建学の精神や、形ばかりの伝統であればいらない。しかし、私立中高一貫校においては、建学の精神や伝統が脈々と受け継がれ、想像以上の教育力を発揮している。

 中高一貫校に限ったことではないが、私学においては、建学の精神に即したブレのない教育を続けると、いつしかそれが伝統となる。伝統とはもちろん無形のものである。しかし、確実に生徒たちに染みこむ。まるで良い蔵元にすみ着いた家付き酵母がそこでつくられる醤油や酒に独特の風味を与えるように、そこでしかつくることのできない「らしさ」もたらす。それが「○○○卒業生っぽい」などと世間にも認知されるようになる。かつては公立の学校にもこの機能があった。しかし「学校群制度」などにより伝統や誇りが軽視されてしまった。

 また、私学の教員は、転職をしない限りずっと同じ学校で教えつつける。教員にも「らしさ」が染みつく。シラバス(学習計画)で教員を縛らなくても、教員に裁量を与えておけば、自然に教員自身がその学校の教育を体現するようになる。そして脈々と受け継がれる。

 私学だって毎年生徒は入れ替わるし、教員も少しずつ新陳代謝する。しかし、建学の精神や伝統が文字通りDNAの役割を果たし、新しい生徒や教員にも、その学校の伝統の末端を担う一員としての役割や帰属意識を与える。

 こうして私学は、数十年、ときには百年以上のときを超え、動的平衡を保つ。

 その中でも強烈な威風を放つ学校は「名門」との称号を得るようになる。

 現役の生徒たちにとっては、「らしさ」が、思春期に必要な帰属意識を満たす「誇り」となり、健全な精神の成長を支える。卒業後は、その「誇り」が、心の支えになる。

 そしてこれこそが私学名門校の価値であると私は考えている。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  7. 7

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    ワタミ 弁当無料宅配で休校支援

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。