記事

【談話】「防衛装備移転三原則」の閣議決定について

民主党は1日、以下の通り「防衛装備移転三原則」の閣議決定について談話を発表した。

民主党 安全保障調査会会長 北澤俊美
「次の内閣」ネクスト防衛大臣 渡辺 周
ネクスト外務大臣 福山哲郎
ネクスト経済産業大臣 田嶋 要

 本日、政府は「防衛装備移転三原則」を発表した。

 平成23年12月27日、当時の野田内閣は「防衛装備品等の海外移転に関する基準」を定め、あくまでも「国際紛争等を助長することを回避するという平和国家としての基本理念に基づく」従来の武器輸出三原則の在り方を踏襲しつつ、平和貢献、国際協力に伴う案件や我が国の安全保障に資する防衛装備品等の国際共同開発・生産に関する案件について、厳格な管理の下で防衛装備品等の海外への移転を行うことができるよう、ルールを明確にした。

 ところが、紛争当事国に対しては我が国の防衛装備品等を移転しないと言いながら、過去の例に照らせば該当国が北朝鮮とイラクしかないとも指摘されているなど、今回の新原則ではその平和国家の理念が損なわれる危険性がある。
 また、政府案では、武器輸出の透明性確保が強調されているが、透明性を担保する制度的裏付けが希薄である。

 民主党としては、今後とも平和国家の理念に従い、安倍内閣が決定した新三原則の内容と運用を厳しくチェックし、国会審議等を通じて慎重に精査する必要があると考える。

以上

画像を見る「防衛装備移転三原則」の閣議決定について(談話)

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「武器輸出三原則」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  3. 3

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  4. 4

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  6. 6

    現金一律給付案に「貸付」を提案

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    コロナ対策 国会は現場止めるな

    千正康裕

  8. 8

    岩田医師 東京都は血清検査せよ

    岩田健太郎

  9. 9

    韓国がコロナ詳報を公開する背景

    WEDGE Infinity

  10. 10

    ロックダウン=都市封鎖は誤訳?

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。