記事

学生のためのドレスコード入門2-「望ましいスーツの色、黒いスーツの罠」

1/2

先日、学生のためのドレスコード入門という記事を書いたら、意外なことに多くのアクセスをあつめた。 ドレスコードは知っているようでしらないということなのだろう。

そのなかのフィードバックで驚いたのが、最近のリクルートスーツは「黒」だというのである。なかには、黒のスーツのほうがより保守的で望ましいと考えている企業すら存在するそうだ[1]。

写真拡大

結論からいうと、ドレスコード的には、「黒」のスーツをビジネスで利用することは、常識外れだ。

証拠をあげよう。 black suitで検索してみると一発でわかる。トップに出る記事はハフィントン・ポストの「男子がスーツで犯す15の間違い」という記事で、その一つに「黒のスーツを着る」ことがあげている[2]。

他にも金融系の就職サイトで、「黒いスーツで面接に言っていいか?」という質問が立っていた[3]。アメリカでも分からないひとがいるらしい。

答えは・・・

“are you limo driver ” (お前はリムジン運転手か?)

“Black is for funerals and parties at night” (黒は葬式か、夜のパーティー用だ)

“No, don’t even bother buying one.” (ノー。買う必要すらありません)

“for movie star” (韓流スターがよく着てる)

写真拡大

欧米の常識では、黒いスーツは、葬式*1と、カクテル・パーティー用だということだ。もしくは、映画のなかで、悪役やヤクザが着用したり、韓流スターの衣装だ。

では、ビジネスにおいて、もっとも保守的なスーツの色なにか、濃紺か、濃いチャコールグレーだ[4]。 この2つの色であれば、英国のお固い場所にいっても、正しい服として認識される。

それに無地のネクタイをして、飾りけのない紐靴を履く。ロンドンの金融街で面接にいっても問題ないもっとも保守的な格好である。

大統領や、イギリスの王族の画像を調べてみるとよくわかる。彼らは、ネイビーかチャコールグレー以外のスーツを着ない。非常識だからだ。

(ネイビー)

(チャコールグレー)

あわせて読みたい

「ファッション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  3. 3

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  4. 4

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  5. 5

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  6. 6

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  7. 7

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  8. 8

    ロッテ捕手 キャンプ中に妻不倫?

    SmartFLASH

  9. 9

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  10. 10

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。