記事

01式軽対戦車誘導弾の問題点

 現場の下級指揮官さんから聞いた話ですが、01式軽対戦車誘導弾のシーカーは霧と、外気温が高温、低音だと上手く作動してくれない。

 また、ロケットモーターの二段目の点火がダメで、ボットと落ちることが多々あるそうです。

我が国は国内市場しかないのにミサイルメーカーが乱立しています。

 これらを統合すべきです。

 ぼくは決して国産兵器を作るな、全てを輸入に切り替えると主張しているのではありません。
 
 国産兵器を開発するのであれば十分に費用を掛けて、リサーチを行い、同様に開発と、試験にもカネをかけろといっているのです。

 我が国は戦後実戦の経験もなく、市場でも揉まれたこともありません。であれば、尚更これらに費用を掛けなければまともなものは作れないでしょう。

 他国が数千発もミサイル試射しているのに、僅か数発の試験で、「列国にまさる最新鋭の優秀なミサイル」とか自画自賛しているのは夜郎自大です。

 で、自己正当化のために輸入が如何に「悪か」と宣伝する。

 輸入は「悪」なのでいくらカネがかかろうが、出来の悪いものを作ろうが国産がいいと主張し、自己正当化するわけです。

 まともにリサーチ、研究開発、試験をやれば当然ながらカネがかかります。であれば何を残し、何を止めるかの取捨選択をやらなくてはならない。

 ところが「全部大事」とそれをやらない。

 結果として信頼性の怪しい、値段だけは高い国産兵器が調達されるわけです。
 
NEXT MEDIA "Japan In-Depth"[ジャパン・インデプス]に以下の記事を寄稿しております。
<200億円の海自P-1哨戒機>性能も怪しい高コスト機の開発ではなく現有機の近代化を
http://japan-indepth.jp/?p=4818

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました
知られざる日本発のクールジャパン的ヒット商品「エア・ソフト・ガン」はなぜ市場を失いつつあるのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014032400011.html

月刊ZAITENに「防衛産業はやりたい放題」を寄稿しました。
リンク先を見るZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌]
財界展望新社
2014-04-01

リンク先を見る
Amazonアソシエイト by リンク先を見る画像を見る

月刊WEGDE4月号に以下の記事を寄稿しています
先細る防衛産業 中小こそ輸出のチャンス 国はバックアップを
リンク先を見るWEDGE 2014年4月号2014年4月号-【電子書籍】
楽天Kobo電子書籍ストア
※このコンテンツはカラーのページを含みます。カラー表示が可能な端末またはアプリでの閲覧を推奨します。

画像を見る
楽天市場 by リンク先を見る画像を見る

あわせて読みたい

「兵器」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  3. 3

    感染拡大要警戒 不安煽ると指摘

    内藤忍

  4. 4

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  5. 5

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  6. 6

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    ほぼ意味を為さない東京アラート

    自由人

  9. 9

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

  10. 10

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。