記事

「武器輸出3原則」の放棄は許さない

 安倍内閣は4月1日、「武器輸出3原則」を廃止して「防衛装備移転3原則」を閣議決定しました。これは、武器輸出を全面的に禁止してきたこれまでの原則を放棄し、武器輸出を包括的に推進する立場に根本的に切り替えるものであり、到底認めるわけにはいきません。

 武器輸出禁止に関する政府の基本方針について、1967年に、当時の佐藤首相がはじめて国会で表明した内容は、(1)共産圏諸国、(2)国連決議で武器輸出が禁止されている国、(3)紛争当事国とその恐れのある国――に対して武器輸出をしないというものでした。

 1976年になって、三木内閣が「これ以外の地域への武器輸出も慎む」という政府統一見解を明らかにし、日本は、事実上の「武器輸出全面禁止」に踏み切りました。共同開発を含む外国への武器技術供与や武器を製造する海外企業への投資も禁じてきました。

 ところが中曽根内閣のとき、1983年にアメリカへの「武器技術供与の取り決め」を強行し対米技術供与を可能にし、さらに、小泉内閣は「弾道ミサイル防衛システム」導入を閣議決定し、日米で「共同研究」されているミサイルを、共同で「開発・生産」する道に踏み出しました。

 その後も、「例外」を認めることによって、これまでの「武器輸出3原則」に「穴が開いてきた」(安倍総理の予算委での答弁)のです。

 武器輸出3原則の撤廃は、財界が執拗に求めてきたものでした。安倍内閣になって、初めて「防衛産業の国際競争力強化」を掲げました。武器を売り込むことによって「成長」を図るなど、まさに「死の商人」への道です。

 日本は、これまで武器を輸出しないことを原則としてきたからこそ、「小型武器の輸出規制」の論議でも国際社会をリードしてきたのです。

 「武器輸出3原則」は、憲法9条の理念である「戦争の放棄」「国際紛争の平和的解決」「武力行使・威嚇の禁止」を具体化したものであり、この原則は、憲法とともに将来にわたって堅持すべきものです。

 いまなすべきことは、「例外」を「常態化」することではありません。抜け穴をふさぎ国際紛争を助長しないという立場から、「武器輸出をしない」本来の原則に立ち戻ることです。

あわせて読みたい

「武器輸出三原則」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  5. 5

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  6. 6

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  7. 7

    緊急事態宣言は拍子抜けする内容

    青山まさゆき

  8. 8

    岩田医師 東京都は血清検査せよ

    岩田健太郎

  9. 9

    コロナ対策 国会は現場止めるな

    千正康裕

  10. 10

    韓国がコロナ詳報を公開する背景

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。