記事

一人去り、二人去り・・、そして誰もいなくなった・・・となるか

まあ、そうなることを覚悟しておけば、そんなに心配することはない。

みんなの党の渡辺氏は、弁慶の心境で対処することだ。

仁王立ちになってすべての矢玉を自分の一身に引き受けることだ。
陰謀とか策略などというまがまがしい言葉を使わないで、ただひたすらみんなの党のために尽くしてきたことをアピールしておけば、嘴の黄色いみんなの党の若い人たちもいずれは自分たちの不明を恥じる時が来る。

みんなの党は、渡辺氏の私党である。
創業者が辞めないと言っているのにみんなの党の若い人たちが辞めろ、辞めろと言い立てているのは傍から見てどうにも見苦しい。
渡辺氏にみんなの党の代表を辞めさせるためには、渡辺氏がみんなの党のために捻出した8億円を綺麗さっぱり清算するくらいのことはしてあげなければならない。

みんなの党の所属議員が今やるべきことは、みんなの党から離脱を表明することである。

将来展望がないみんなの党にはいたくない、というのであれば、さっさとみんなの党を離脱すればいいだけのことである。
もっともみんなの党を離脱しても、次の選挙で勝ち残ることは出来ないだろう。
線香花火のようだが、本人に力がないのだからこれは仕方がない。

諦めることだ。
諦めて、何か自分に出来る仕事を見つけた方がいい。

もっとも、みんなの党の他の人たちがどうなっても渡辺氏個人は生き残るはずである。
渡辺氏の強みは、何と言っても自分の選挙区に根強い支持者がいることだ。
これで渡辺氏が仁王立ちになってみんなの党の若い議員を護り抜いたら、渡辺氏のフアンは拍手喝采するのではなかろうか。

逃げろ、逃げろ、どんどん逃げろ。
ここで逃げる人は最初から同志ではなかった、ということだ。

渡辺氏は一人でみんなの党を作った。
みんなの党に残るのは渡辺氏一人、ということになっても全然おかしくない。

もっとも、私がみんなの党にいたら、この段階でみんなの党から逃げることは躊躇するだろうが。
みんなの党のために危ない橋を渡ってきた渡辺氏が少々気の毒ではある。

あわせて読みたい

「みんなの党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。