記事

ノバルティスの白血病治療薬 企業丸抱え医師主導研究とは

東京大学病院が中心となって行ってきた慢性骨髄性白血病治療薬タシグナの医師主導型研究が大変なことになりました。ノバルティス白血病試験:副作用、国に報告せず ノバルティスへの「行政処分も検討」 厚労相、臨床不正で

今までの医師と製薬会社のなれ合いが表に出ました。ディオバン、ブロプレスは正直言ってもっとすごい状況だったとは思いますが、この事件のおかげでまた医師の評判はがた落ちです。

今回NHKのスクープで表に出たこの事件、今までの医師と製薬企業のなれ合いを完全に打ちのめしそうです。

製薬企業は臨床研究にお金、人を出す事で成果をあげ、得られた好ましいデータで販売促進をはかります。医師達は出てきたデータを使い論文を仕上げ、業績を得ます。

しっかり利益相反(Conflict of Interest)を出しさえいれば、医師、企業ともにWin Winの関係が得られます。ただ企業が関与しているとデータの操作が行われているのではと周りが思うため隠したいという欲望が働きます。
そこで医師主導型研究という、表向きは企業が関与していない事になっている、臨床研究に隠れてお金、人を出す事で、企業の関与をマスクして成果をあげ、さらなる宣伝データの価値をあげようとしたようです。

このタシグナという薬はとてもいい薬です。慢性骨髄性白血病の患者さんのたくさんの命を救っています。ノバルティスという企業は他にもとてもいい薬を、血液内科に提供しています。鉄過剰症のエクジェイドもその一つです。

ただその宣伝活動は今までの日本企業のMR文化とはすこし違っていました。またこの事件をリークしたのは、元ノバルティス社員と言われています。ある意味内部の人間の扱いも含めて情報管理能力が弱い組織だったのかもしれません。

個人情報保護違反の証拠隠滅工作などの企業の関与隠しはまだしも 、今回彼らがやった副作用隠しは製薬業界として絶対に許されない事です。製薬企業としてやっては行けない事です。

社長が代わりましたが、しっかりと反省してもらいたいと思います。

あともう一つ。医学部のボスは本当に部下を守らないですね。研究費をあれだけもらっているのに、ボスが内容知らないわけないのに。本当理研と同じでトカゲのシッポ切り!そんなことをやると、人は離れていくんですけどね。

あわせて読みたい

「ノバルティス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国に大人の対応ができない日本

    AbemaTIMES

  2. 2

    BTSがナチス演出? 韓国は擁護か

    tenten99

  3. 3

    防弾少年団 韓国大統領とも親密

    SmartFLASH

  4. 4

    徴用工判決に日本の親韓派も失望

    NEWSポストセブン

  5. 5

    日本に危機感 中国の工場に驚愕

    MAG2 NEWS

  6. 6

    徴用工判決 国際法の通説を疑え

    篠田 英朗

  7. 7

    大半の人は簡単なこともできない

    NEWSポストセブン

  8. 8

    オウム元死刑囚妻が語る執行の朝

    篠田博之

  9. 9

    相棒のシャブ常習者描写は差別的

    PRESIDENT Online

  10. 10

    お金持ちになれない日本人の認識

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。