記事

2011.03.07

■3月某日 前原外務大臣があっさり辞任した。外国人からの政治献金を受けていた事実を参議院予算委員会で自民党から追及されたことがきっかけだった。辞任会見で前原氏は京都の知り合いの在日韓国人実業家から5年間にわたり5万円ずつの政治献金を受けていたという事実は認めたものの、献金の事実じたいは知らなかったとも弁解した。それを知っていたとなれば、政治資金規正法で処罰を受けることになっているため、先手を打って辞任したともいえるし、それ以外にも脱税や暴力団がらみ企業からの献金スキャンダルが報じられていたことで、それをチャラにする狙いがあったのかもしれない。辞任の記者会見ではメモを見ながら、いつもの綺麗ごとで恰好をつけた前原流。この前原氏のいさぎよい辞任じたいは、菅総理が自分にまで任命責任が及ぶことを恐れて、いくら問題点が浮上しても選挙で惨敗しても知らんふりしてきたこれまでの経緯に対する当てつけにも見えた。さらにいえば、自分の方が菅総理よりも責任をとる政治力があるというアピールかもしれない。

 前日まで岡田幹事長は前原辞任を全面否定していた。今回に限らないことだが、まったく読みの甘い幹事長である。民主党執行部の無責任体制を浮き上がらせる役回りを果たした前原氏には、いずれ解散総選挙となり政界再編となれば自民党からも担がれる二股の可能性に賭けたのかもしれない。少なくとも菅内閣が予算関連法案の決議で行き詰まって内閣総辞職となれば、代表選で仙谷代表代行が担ぐ最有力候補が前原氏だっただけに、民主党反小沢派も後継代表人事戦略の見直しを迫られる形になった。民主党は国会対策が大ピンチ状況にあり、党内人事抗争どころではない。この思わぬ事態に、さすがの厚顔無恥をさらし続ける菅総理も内心忸怩たるものがあるはずだが、意外とこれで策士・仙谷による菅おろし総辞職の圧力が遠のいてホッとしていたりして(苦笑)。

 確かに菅総理がひたすらダダをこねれば、3月にも予想されている菅内閣総辞職が6月まで伸びるかもしれない。しかし、菅総理がそれでホッとしたとすれば、もはや常軌を逸した人格の持ち主と言わざるをえない。前回の事業仕訳に次いで、規制仕訳の作業に入った民主党だが、パフォーマンス以上の成果が出るとは思えない内容だ。もはや、国民は民主党じたいに信頼をおいていないのだから、何をやっても無駄と逆仕訳されるだけではないか(笑)。

 そんな中、沖縄初の市民メディアとしてインターネットで生番組を動画で配送する「沖縄オルタナティブメディア0」に出演。収録場所が直前に変更になり、指定されたのが真喜志好一建築事務所内にしつらえた仮スタジオ(?)。カメラマン兼機材担当と西脇尚人キャスター二人でお手軽に生動画を全国配信が出来るのだから、貴重な沖縄市民メディアとしてぜひとも成長してほしいものだ。

 東京から、「アフター・ザ・クライム」(講談社)という犯罪被害者の遺族の内面に肉薄したノンフィクション本が刷り上がったばかりの藤井誠二氏が講談社「G2」の若手編集者I君ともども訪沖。I君は京都大学の学生時代からの知り合いで、「週刊現代」編集部の経験もあり、柳美里、岩井志麻子、中村うさぎなどの猛女作家の担当もソツなくこなしたやり手の編集者。さらに「週刊文春」の「文庫本を狙え!」で坪内祐三氏が絶賛していた「自伝 大木金太郎」(講談社 α文庫)を翻訳した太刀川正樹氏も一緒に飲んでいると、そこに、詩人・川満信一、加藤彰彦沖縄大学学長(筆名=野本三吉)、ライターの安里英子、藤原書店編集者らも合流。沖縄大学土曜講座で片山善博総務大臣を講師に呼び、佐藤優、大城立裕氏らのシンポジウムがあり、その二次会の流れだった。あ、そういえば、その日、岡田幹事長がひそかに沖縄入りし、翌日には宮古島を視察で訪れた。まさかその視察当日に前原外務大臣が辞表を出すなんて夢にも思っていなかったのだろうな(苦笑)。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。