記事

「ハンセン病制圧活動記」その10―韓国に出張―

4月3日より、一泊でソウルに行って参ります。

日本財団(旧・日本船舶振興会)会長・笹川良一は、韓国の要請により、ソウルから車で約1時間の安養に近代的な「韓国ハンセン病研究所」を寄贈した。今から38年前のことである。1976年9月、完成式典には当時24歳だった清楚な朴槿惠(パク・クネ、現大統領)さんも出席した。

[画像をブログで見る]
当時24歳の朴槿惠さん

[画像をブログで見る]
挨拶する父と朴槿惠さん(右側)

当時の彼女は、ハンセン病回復者の養鶏場で取れる卵が社会の差別によって売れないことに心を痛め、大統領である父親を説得して兵隊の食事用に提供することに成功。回復者より多いに感謝されることとなった。

来日の折、昼食を共にしたことがあったが、今日の朴槿惠大統領からは想像すらできないシャイでしとやかな方であった。

この研究所で父・良一が患者たちと抱擁し、変形した手足を素手で撫でる姿に、自分の知らなかった世界に驚き、父の人類愛に心底敬服したことを思い出す。

当時を忍び、久しぶりに訪問します。

【関連記事】
「ハンセン病制圧活動記」その7―栗生楽泉園―

あわせて読みたい

「ハンセン病」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小川彩佳アナの竹島発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  3. 3

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  5. 5

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  6. 6

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  7. 7

    法に背く吉本 政府は取引やめよ

    郷原信郎

  8. 8

    よしのり氏 吉本社長は人情ある

    小林よしのり

  9. 9

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  10. 10

    韓国の不買に動じない日本アニメ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。