記事

理系は「悪意」の意味が分かっていない!(STAP論争)

 理研の調査委員会が「画像の捏造」を認定したことに対して、小保方氏が反発しました。

 へー、こんな風な展開になろうとは。

 見ている方としては面白いのですが、しかし、なんか泥仕合の様相、否、小保方氏が益々窮地に追い込まれるだけのような気がしてきました。

 しか~し、世の中には小保方氏を支持する人がいない訳でもない。

 それに、こうして堂々と小保方氏が反論をした訳ですから、ひょっとしたら小保方氏を支持する人が増えるかもしれません。

 では、小保方氏は、どのように反論をしているのか? 

 「調査委員会の調査報告書を受け取りました。驚きと憤りの気持ちでいっぱいです。特に、研究不正と認定された2点については、理化学研究所の規定で「研究不正」の対象外となる「悪意のない間違い」であるにもかかわらず、改竄、捏造と決めつけられたことは、とても承服できません」
 
 「レーン3の挿入(改竄とされたDNA解析画像)について。
 Figure 1i(論文の画像)から得られる結果は、元データをそのまま掲載した場合に得られる結果と何も変わりません。そもそも、改竄をするメリットは何もなく、改竄の意図を持って、Figure 1iを作成する必要は全くありませんでした。見やすい写真を示したいという考えからFigure 1iを掲載したにすぎません」

 「画像取り違え(捏造とされた博士論文関連の画像)について。
 私は、論文1に掲載した画像が、酸処理による実験で得られた真正な画像であると認識して掲載したもので、単純なミスであり、不正の目的も悪意もありませんでした」

 さあ、如何でしょうか?

 ひょっとしたら、この小保方氏の主張に対して、彼女には少なくても「悪意」はなかったのではないかと同情したくなっている人がいるかもしれません。

 そのような人々は、「悪意」という文言を常識的な意味の「悪意」と理解しているのでしょう。そして、小保方氏自身も、一般的な「悪意」として理解しているのです。。

 では、悪意がなければ、単なるミスとして許されるのか? 

 理研の「科学研究上の不正行為の防止等に関する規程」を見て見ましょう。

「(目的)
第1条  この規程は、独立行政法人理化学研究所(以下「研究所」という。)の研究者等による科学研究上の不正行為(以下「研究不正」という。)を防止し、及び研究不正が行われ、又はその恐れがあるときに、迅速かつ適正に対応するために必要な事項を定める。」

 第1条でこの規定の目的を定めています。つまり、研究不正が行われたような場合には、この規定によって事態に対処する、と。

 次に第3条の規定をみてみます。

「(研究者等の責務)
第3条 研究者等は、誇りと高い倫理性を保持し、次に掲げる事項をその研究活動に係る行動基準
としなければならない。
(1)研究不正を行わないこと。
(2)研究不正に加担しないこと。
(3)周りの者に対して研究不正をさせないこと。」

 このように研究者は、研究不正をしてはいけないと明確に規定されています。

 では、研究不正とはどのようなことを指すのか? 第2条に次のように規定されているのです。

「(定義)
第2条  この規程において「研究者等」とは、研究所の研究活動に従事する者をいう。

2  この規程において「研究不正」とは、研究者等が研究活動を行う場合における次の各号に掲げ
る行為をいう。ただし、悪意のない間違い及び意見の相違は含まないものとする。

(1)捏造 データや研究結果を作り上げ、これを記録または報告すること。
(2)改ざん 研究資料、試料、機器、過程に操作を加え、データや研究結果の変更や省略により、研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工すること。
(3)盗用 他人の考え、作業内容、研究結果や文章を、適切な引用表記をせずに使用すること。」

 このように、研究結果の捏造や改ざんが研究不正に当たるとされている訳ですが、但し、「悪意のない間違い」は含まないともされています。

 では、悪意のない間違いとはどのようなことを意味するのでしょうか?

 私は、小保方氏や理系の学者は、この「悪意」の意味を正しく理解していないのではないかと想像します。

 つまり、彼女はこの「悪意」を一般的な意味で理解しているのです。日常的に使われる「悪意」という意味で。具体的に言えば、自己の研究成果を、事実とは反して真正なものと信じ込ませるために行ったような場合でなければ「悪意」はない、と。

 簡単に言えば、他人を騙すような目的がなければ「悪意」があるとは言えない、と彼女は考えているのでしょう。一方、彼女は、STAP細胞の存在を本当に信じており、だから、論文に掲載した写真が、実際の実験の結果を写したものでなくても、それがそんなに重大なことなのか、と言いたいのだと思うのです。

 しかし、そもそもこうした規定や法律などで使われる「悪意」は、法律用語として解釈しなければいけません。

 そして、法律用語としての「悪意」には、何ら倫理的な意味合いは含まれていないのです。。法律用語として「悪意」とともに、「善意」という言葉も使われますが、これにも倫理的な意味は含まれません。行為者が、ある事実について知っているか、知らないかを示すのが、「悪意」であり「善意」であるのです。従って、例えば、結果的に、誰かの論文を無断で引用したような場合、当該文章が他人の文章であることを知らずに、結果として無断引用してしまった場合などには「悪意」には該当しないのですが、しかし、それが他人の文章であるのを知っていて無断引用してしまえば、格別誰かを騙す意図がなくても、「悪意」として認定されてしまうのです。

 逆にそのように解釈しなければ、幾ら他人の論文を無断引用したって、自分には悪意がなかったからという言い訳が成り立ってしまうのです。

 彼女は自ら、実際に研究過程で撮影された写真を使わず、博士論文で使用した写真を掲載したと認めています。何故そんなことをしたのか? その方が画像が鮮明であり、説得力を有すると思ったからです。

 確かにこの行為だけからは、彼女に、一般的な「悪意」があったとは認められないかもしれません。しかし、彼女は、その写真が博士論文で使用した写真と認識して今回の論文に掲載したのですから、法律用語としての「悪意」があったことは間違いないのです。

 ということで、第三者の立場から客観的に判断した場合、小保方氏の主張には説得力を感じることはないのです。

あわせて読みたい

「STAP細胞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「親日本」が韓国に与えた納得感

    WEDGE Infinity

  2. 2

    なぜ匿名? 二宮結婚報道の異常さ

    山下雄平

  3. 3

    日本と同じく滅びゆくアジアの国

    永江一石

  4. 4

    ヤフーとLINEが経営統合で調整

    ロイター

  5. 5

    剛力破局 深田恭子に泣いて相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    千原せいじに元AV女優の新愛人

    文春オンライン

  7. 7

    GSOMIA破棄か 感情で判断の韓国

    ヒロ

  8. 8

    暴走事故の高齢者 資産移動防げ

    篠田 英朗

  9. 9

    Apple製品にも影響?LGの大量廃棄

    tenten99

  10. 10

    前澤友作氏 人妻と脅迫トラブル

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。