記事

「私のしごと館」仕事できずに終焉(怒)

 とうとう消費税があがっちまいましたね。

 そんな中このようなニュースが打電されました。
 「厚生労働省は31日、無駄遣いの象徴と批判され、2010年に閉館にした職業体験施設「私のしごと館」(京都府木津川市、精華町)を京都府に無償譲渡すると発表した。」(時事通信

 あーあ。だから言わんこっちゃない。

 こういう無意味なハコモノや事業に引導を渡す、新規事業を阻止する…

 これこそが、増税する前にやるべきことがある!

 ことでありました。

 このような施設は全国津々浦々に存在しており、維持費や老朽化の時限爆弾がまったなしで自治体を襲っていくでしょう。

 我が区は守りたい!とお姐が、当初は反対し、開設後は定点観測しています江戸川区の「こども未来館」。(過去ブログ)維持費が年間約4000万円なのですが、平日は17,8人しかこない…。

 典型的な「私の仕事館」的な事例です。

 といって、すべてダメかというと知恵と工夫と民間力で乗り切っている地方自治体もあります。

 例えば、新宿区の廃校を活用した「おもちゃ美術館」はNPOグッド・トイ委員会へ500万円で委託し年間10万人の来場者が。地の利をさっぴいても、費用対効果について鑑みれば、この差は大きい。

 ものすごい大鉈で計算しますと、「こども未来館」は一人来るのに4300円税金を使い、「おもちゃ美術館」は、50円。しかも美術館は入館料もしっかり取るから、なんとざっと一人500円収益が出る。この収益がNPOの懐にはいって経費を賄うことができるわけですね。

 さらに、江戸川区と同じ城東地区の足立区施設「子ども未来創造館」「ギャラクシティ」は、なんとまぁ、目標の三倍を軽く超えて年間160万人も訪れております。

 本来社会保障に使うはずの消費税なのですが、消費増税法案附則18条2項が追加されて「成長戦略並びに事前防災及び減災等に資する分野に資金を重点的に配分」という項目が加わってしまいまい、間違いなく 東日本大震災を経て、被災地支援と、自分の自治体の防災対策という錦の御旗のもと、また、ぞろ公共工事が行われて行くことでしょう。

 東京都議会の予算委員会、環境・建設委員委員会の所属していましたからその工事の建設の音が、お姐の耳には響き渡っております。

リンク先を見る

 私の所属する政党の今回のご心配をおかけしている件や国会の騒動を見ておりますと、庶民と永田町はなんとかけはなれていることだろうと思います。

 が、ちょうどその架け橋位置にお姐がいると思えば、できることはあると一縷の望みをつないでます。この写真は週末に、地域の仲間たちと福島を訪れた帰りに見た虹。半円のまさに架け橋を見ました。

 政治はまさに権力闘争だと今、骨身にしみて痛感してますが、権力に負けないものは「愛」。

 愛こそが最大の武器だ!
 と、あきらめずに進むのであった。

 仕事しないで、自治体にタダで払い下げの「私の仕事館」のようなおろかなことを繰り返さないためにもお姐がこの業界には必要です!!いろいろありすぎますが、どーっぞ、お姐を応援してくださいませ。

あわせて読みたい

「厚生労働省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。