記事

飯塚事件、再審請求を棄却 死刑制度そのものが問われている

 本日、福岡地裁は、飯塚事件の再審請求を棄却しました。

 不当な決定です。

 この事件の一番の問題は、DNA鑑定を含む鑑定の在り方です。

 犯人の遺留品であった血液が捜査段階における鑑定ですべて「費消」されてしまっていることです。

 後々、裁判になった段階で検証が不可能ということを意味します。

 裁判で無罪を主張する場合にはその鑑定の問題点を検討することになるわけですが、そもそも検証が不可能なものを有罪の証拠とすることの是非が問われているのです。
袴田さん釈放! 検察は被告を「有罪」にするためだけに存在しているのか

 科捜研による鑑定の段階で虚偽が入り込んでもその検証が不可能ということであり、証拠隠滅にも等しい行為です。

 それを証拠として有罪判決を下すということは捜査機関がインチキはしないという性善説に立たなければ成り立ち得ないことになりますが、数々の証拠ねつ造を行ってきた捜査機関ですから、性善説に立つこと自体、裁判所としての役割を放棄したに等しいことです。

 要は、こういうこと。

捜査機関  鑑定でDNAが一致したぞ! まあ「当然」に一致するよな。
       被告人を起訴し、証拠としてDNA鑑定書が提出される。

被告人 私はやっていません。

弁護人 捜査機関が行ったDNA鑑定が正しいかどうか、裁判所が別の第三者を鑑定人に選任して再鑑定すべきだ。

検察側  犯人の残した血液はすべて捜査段階の鑑定で費消しちゃいました。
      もう再鑑定できないからね!

裁判所 まあ警察の鑑定がデタラメなわけがないし、鑑定の対象になった血痕にインチキが入るはずもありませんから、有力な証拠ですね。ハイ死刑!

 それから今回の久間三千年さんに対する死刑執行は、死刑がえん罪であった場合を考えれば非常に問題があったと言えます。

 死刑が執行された事件で、裁判所が再審の扉を開くかどうかについては、正直なところ、恐らく却下するだろう、裁判官にはそれだけの度胸はないよね、と思っていました。

 これで再審決定 → 再審無罪ということになれば刑事補償の問題ばかりでなく、死刑制度そのものの存続が危ぶまれることになります。

 英国において死刑が廃止されたきっかけが死刑執行がなされた被告人の無実が後日、明らかにされたことにありました。

 ところで被害者側の主張として、死刑制度について以下のような意見があります。

 全国犯罪被害者の会ホームページより
第13 回 全国犯罪被害者の会( あすの会) 大会決議 2014.1.25
誤判の虞れがあるから廃止すべきという意見もあるが、全ての殺人事件で誤判の虞れがあるわけではなく、また、誤判は、疑わしきは罰せずとの原則を貫くことで避けることができる。
 誤判があり得ないという前提で立論されるのはいかがなものでしょうか。

 死刑論者の中には死刑であっても誤判の問題は他の刑罰と同じで刑事補償で対処すればいいんだと言い切る方もいましたが(団藤重光先生の著作の中で紹介されています。)、そうであれば、まず死刑囚に関しては、「法の定めるとおり、確定判決後、6ヶ月以内に執行し、えん罪で再審請求をするのであれば遺族が引き継いでやって下さい、再審請求中であっても構わず執行しますから」という方が筋が通っているように思います。

 そこまで正面切って主張するならまだしも誤判がないという前提は、現実の捜査機関の問題も含め、あり得ない前提としかいいようがありません。

 また、「全ての殺人事件で誤判の虞れがあるわけではなく」という前提は、現行犯のような事件、例えば秋葉原で起きたような事件や池田小の事件を指しているのかもしれませんが、この事件でも責任能力の判断が正しかったかどうかという視点からみれば明らかに誤判は存在しないという前提が成り立ちません。

 国家が死刑を執行するということは命を奪うことですから、当人が争わなければいいという問題でもないのです。
(本来、最高裁までの自動上訴制度は必須です。)

 なお、本来、私は死刑か無期懲役かの案件では、他の事情が裁判の時点で証拠調べが行われていたのであれば死刑を回避できたのではないかという事件も死刑に関する限りでは「えん罪」だと思っています。

 飯塚事件における再審請求の棄却決定は、後味が最悪です。高裁での審理ではどのような結論を出すのか注目されます。

あわせて読みたい

「死刑」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

    MAG2 NEWS

  2. 2

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  3. 3

    夕刊フジ「韓国一面祭り」のワケ

    文春オンライン

  4. 4

    反日姿勢に米の韓国離れが加速か

    MAG2 NEWS

  5. 5

    ハイチュウ 米国大ヒットの軌跡

    PRESIDENT Online

  6. 6

    日本=悪者 韓国のフェイク教育

    NEWSポストセブン

  7. 7

    10連休で支障ない行政は給与泥棒

    川北英隆

  8. 8

    コメ生産で日本の技術求める中国

    WEDGE Infinity

  9. 9

    橋下氏 五輪相カンペ謝罪に指摘

    橋下徹

  10. 10

    韓国の日本軽視 裏に存在感低下

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。