記事

動物看護師を知ってください ‐ 胡谷晃子

1/2

伊丹市 コタニ動物病院
動物看護師 胡谷晃子
2014年3月30日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

皆さん、初めまして。私は動物看護師です。こちらの読者の方々の中では、かなり異色の職業かもしれませんね。

少しだけ、私自身の事を説明させていただきます。

院長である獣医師の主人と結婚を機に、20数年前に動物看護師となりました。

と言っても、動物看護師は、国家資格はなく、民間の団体が講習・通信教育などで独自で決めた教育カリキュラムを作り、試験を行いそれに合格した者に対して、各団体が資格を発行しているだけです。

私が取得した資格は、
・日本動物看護学会 認定動物看護師 上級教育修了
・日本小動物獣医師会 動物看護士資格認定
・JAHA(日本動物病院福祉協会) 勤務看護職会員
・一般社団法人日本動物看護職協会 会員

仕事の内容は、当院の場合ですと、対象動物は、犬・ネコを主に対象としウサギ、フェレット、ハムスターなどの簡単な診療も行っています。(難しいケースは、専門病院をご紹介します)

数は多くありませんが、エキゾチックアニマルと呼ばれる、犬・ネコ以外の外来動物、上記のフェレットや、ハムスター、ウサギの他、ペットとしてのミニブタ、小鳥、亀、カメレオンなどを専門とする病院もあるのです。

もちろん、診察は獣医師が行いますが、その補助的業務をする動物看護師も、当然それぞれの動物の解剖学的特性から、予防・病気・治療・看護・飼育方法、栄養学、産科学またその動物の保定法(診察・検査しやすいように、その動物の安全を考慮して、持つこと)、治療薬についても、知っておかなければいけません。

犬にはOKでも、ネコには禁忌である薬もあるのです。

いくら、獣医師管理のもとで薬を使用するとしても、ミスを防ぐためには、無知ではいられません。

「犬」という動物ひとつとっても、体重1kgのチワワから50kgを超えるセントバーナドなど、同種とは思えない程大きさも様々。

犬種によって、平均寿命も違いますし、行動特性も全く違います。

犬は愛玩犬・獣猟犬(鼻を使うサイトハウンド・眼を使うサイト・ハウンド)・ヨーロッパで流行したペストの原因とされるネズミ退治のために作られた犬、鳥猟犬・牧羊犬・牧畜犬・作業犬と人間の使用目的の為、選択的に交配され、家畜化された動物ですので、遺伝的疾患も大変多いです。

一般的な犬種の遺伝的疾患は知っておかなければいけません。

また、診療の補助をする際も、どうやってアプローチすれば、犬を怖がらせることなく、獣医師にも安心して診察・検査に集中してもらえるか、犬種別の行動特性も考えなければいけません。

例えば、陽気なレトリバー種なら、明るくテンションの高い声をかけられることを好み、おやつを与えながら、「○○ちゃん、かわいい~。おりこう~。よし、よし」なんて、声をかけて、楽しい気分にさせて、軽く保定していれば、予防注射なんて、犬が気がつかないうちに、獣医師にさっと、打ってもらうことができます。

それに反して、600~700種ある犬の中でも一番原始的な種類だといわれている柴犬は、警戒心がとても強いので、そう簡単にはいきません。

まず、診察台の上に乗せるために、抱きあげることさえできない飼い主さんも多いです。

それを、なるべく自分の気持ちを、できるだけリラックスして、(犬は、人の緊張感に大変敏感なんです)「△△ちゃん、こんにちは~」穏やかな声でアプローチし、犬の警戒心がピークになる前に、(犬は、怖いと、まず「固まり」、「唸り」、「逃げようとし」と逃げられないないとわかったら最終手段に「咬む」行動を示します)さっと、首の下とお腹の下に手を滑らせて自分の胸の前で安定させて、抱き上げ診察台の上に乗せるという高度なテクニックが必要です。

採血の時など、動かしてはいけない脚は、獣医師が採血しやすいように、しっかり持ちながらも、他の部分は、犬が必要以上に怖い思いをさせないように、力をぬいて・・・不安そうに見守る飼い主さんには、笑顔で、「○○さん、大丈夫。△△ちゃん、おりこうさんですよ~。すぐ終わりますからね~」って声をかけるのも忘れません。

犬だけでも、そんな違いがあるのに、同じ哺乳類であるネコも全く違いますし、ましてや草食動物のウサギなどはまったく生態が違います。

その上、動物病院は、ふつう専門単科ではなく、内科・外科・皮膚科・泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科・神経系科・産科など色々な疾患の動物が来院されます。

そして、日々、獣医療も向上し、院内で抗がん剤治療を行うことも珍しくありません。

動物看護師が、入院のケアをするのですから、抗がん剤治療中の動物の排泄物の取扱いなども、入院動物はもちろん、自分の安全の為にも、その知識は必要です。

そして、どんなに気を付けていても、犬や猫に咬まれたり、ひっかかれたりなど、怪我の経験をした事のない動物看護師はいません。

当院は、24時間体制ではしていませんが、それでも状態によっては、緊急夜間OPEも珍しくありません。

動物相手なので、お正月も交代勤務です。

長時間にならざるおえない仕事をしていても、日々進歩していく獣医学についていく為に、夜間9:00~11:00に行われる、セミナーにもいつもたくさんの動物看護師が参加し、勉強しています。

高いプロ意識をもち、過酷な環境の中で働いているというのに、社会的認知度は、とても低いです。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。