記事

NYTが新たに2つの料金モデルを開始

画像を見る

NYTが、4月2日から新たに2つの料金モデルを始めます。1つは以前にも紹介したキュレーションアプリ「NYT Now」($8/月)、もう1つはNYTの熱狂的な読者のための「Times Premier」($45/月)です。

NYT Now

NYT Now:NYTがキュレーションアプリを始めることを発表

でも紹介しましたが、NYT Nowは、NYTの記事の中からスタッフによってキュレーションされたニュースを読むことができるアプリです。記事にはビジュアルや動画が多く使われ、モバイルで読みやすいように編集されるとのこと。また「Our Picks」では、スタッフによって集められたNYT以外の記事も読むことができます。

画像を見る

読者に、「NYT Now」をただのニュースリーダー以上に読者のことを知っているもののように感じてもらいたいんです。




と話すのは、「NYT Now」を担当するClifford Levy(クリフォード・レヴィ)さん。その理由は、今後力を入れていくパーソナライゼーションにあります。

「NYT Now」は、朝にその日のニュースをキュレーションしてくれる以外にも、昼や夜には、過去に読んだ記事を参考にして1人ひとりの興味に合った長めの記事を届けてくれるとのこと。さらにアプリは、「Good Morning」などのあいさつまでしてくれるんだとか。

以前紹介したNYTの新たなサイト「The Upshot」のコンセプトは「ナビゲーターとしてニュースを提供すること」でしたが、この「NYT Now」にも同じコンセプトがあるのかもしれません。

Times Premier

「Times Premier」は、NYTをより支持してくれる読者のための、$45/月の高めの料金モデル。特典として、

・NYTの内部の情報を届ける「Times Insider」
・購読者の家族2人までがNYTにアクセスできるサービス
・電子書籍のプレゼントやイベントへの優先招待

などがあるそうです。

以上NYTが4月から試みる、ライトユーザーとヘビーユーザーのそれぞれに適した新たな料金モデルを紹介しました。注目はやはり、キュレーションやパーソナライゼーションといった機能を持つ「NYT Now」でしょう。新聞の新たな”稼ぎ”の手段になり得るのか、注目していきたいと思います。

あわせて読みたい

「NYTimes」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  7. 7

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  8. 8

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  9. 9

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  10. 10

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。