記事

「東京を世界一の都市にする」―舛添要一東京都知事が会見

1/2
舛添要一東京都知事が3月19日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見を行い、「東京を世界一の都市にする」と力強く宣言した。【取材・撮影:塩川彩(BLOGOS編集部)】


只今ご紹介に預かりましたように、私は1月に東京都知事選挙の候補者としてこちらに招かれ、そして幸運にもこうして、東京都知事として皆様とご一緒しています。本当に、どうもありがとうございます。
本日は、私の政策についてご説明したいと思って参りました。3つのポイントがあります。一つ目に、東京を災害に強い都市にすること。二つ目に、東京を世界一の福祉都市にすること。三つ目に、2020年の東京オリンピックを成功させることです。
そして何よりも、東京を日本だけでなく世界のモデル都市にしなければならないと感じています。財団法人森記念財団 都市戦略研究所が発表している直近の『世界都市総合ランキング』において、東京はロンドン、ニューヨーク、パリに次ぐ第4位です。6年後に開催されるオリンピック・パラリンピックに向け、東京を首位にすることを目標にします。

1 東京を災害に強い都市に

(1) 東京を世界で最も安全な都市に
(2) 木造住宅が密集する地域の改善
(3) 地域社会での災害対策の強化
(4) 食糧や飲料水の備蓄の強化

2 東京を世界一の福祉都市に

厚生労働大臣を務めた経験を活かし、東京を世界で一番の福祉都市・幸せな都市にします。
東京の人口は、東京オリンピック・パラリンピックを開催する2020年にピークを迎えた後、減少に向かいます。また2025年には4人に一人が65歳以上となりますが、そうした層へ向けて3つの支援があります。まずは、自分自身によるもの。次に町内会などの地域支援。そして最後に公的支援です。
すべての人々が心から幸せを感じられる都市にしたい。子供を育て、働き、そして人生を振り返ったときに本当に満たされた生活だと言えるような都市にする。それが私のゴールです。

(1) 保育施設数および、現在およそ8,000人いる待機児童数の改善
(2) 介護施設数の改善
(3) ワークライフバランスの促進
(4) 都民の運動への取組みを促進


3 2020年東京オリンピック・パラリンピックを史上最高の大会に

2020年は、日本を、その中心である東京から変える完璧なチャンスです。
2月23日、冬季五輪大会の閉会式に出席するため、私はソチにいました。不運にもウクライナ情勢が懸念されましたが。IOC委員会のトーマス・バッハ会長、ジョン・コーツ副会長にお会いして2020年の安全な開催を約束しました。また他のIOC委員の方とも直接お話しする機会を得て、基礎的な信頼関係を築くことができました。

ソチのとある土産物店に入ったとき、"One, Two, Three"といった英語さえ通じませんでした。これではお土産を買うことができません。幸い少しロシア語が話すことができましたし、競技場の地域には若い英語話者の通訳ボランティアが多くいたので、本当によかった。同様のことを東京大会でも行いたいと思います。若い世代だけでなく、高齢の方にも協力していただきたい。選挙期間中にも、おじいちゃんおばあちゃん世代のまだまだ力強い方々に、公的支援を受けて英会話学校へ通うつもりはあるか訊いていたのです。これで少なくとも浅草の土産物店では"One, Two, Three"が通じますね。
(会場笑)
また、標識を多言語表記に変えたい。国会議事堂の前の標識をご覧になったことがありますか。"Kokkai-gijidomae"と書いてあるのですが、"National diet"ならまだしも、外国の方には理解できないでしょう。たとえば中国語、韓国語、アラビア語といった様々な言語を併記したい。他にも、ハンディキャップをお持ちの方などにとっても障壁となることが沢山ありますが、中でも最大のものが、今挙げた言語の障壁です。

(1) 大会が安全に進行できるよう、競技場、道路、その他建造物を準備する
(2) 高齢者、障がい者のみならず全ての人々にとって"バリアフリー"な都市計画の実現
(3) 言語の障壁を取り除く
(4) 東京五輪での、日本の環境技術および他の先進的技術の紹介

   太陽光発電などを利用し、"エネルギーの自給自足都市"を目指す。
(5) 温かな"おもてなし"精神や、四季の移り変わり等の豊かな環境資源の紹介

東京の国際競争力を高めていきたい

少しだけ経済の話を。野心的な目標として、東京の経済を世界一のものにしたい。
東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた準備は、経済への強い刺激となるでしょう。東北地方を含め、日本全体の経済を成長の道へと戻すでしょう。これが日本の首都である東京の使命だと考えています。安倍首相とも、我々の経済が再び上昇軌道に乗るよう、緊密に協議し続けています。
東京は才能豊かな人材や企業、素晴らしい技術で溢れています。これらを国家戦略特区で活用し、東京を世界一の"ビジネスフレンドリー"な都市にしたいと考えています。日本経済のエンジンとして、東京から変革が起こるでしょう。

私はこの国家的な経済特区の主導権について、安倍首相と話す機会がありました。大阪も候補の一つですが、知事の辞任という政治的問題がありますから、私は「唯一の場所です」と東京を推しました。私の出身である福岡もいま手を挙げています。
東京都副知事の前田信弘氏が率いる特別委員会において、東京が国家戦略特区となった際の具体的提案を協議しています。特区の対象地域指定は3月一杯で行われるということですから、私たちに残されたのは僅か10日間です(会見時時点)。特区を作る安倍政権と連携し、東京の国際競争力を高めていきたいと考えています。国際的なビジネス環境の整備や、企業の設立支援を行います。

できるかぎり早急に北京を訪れたい

東京はニューヨーク、北京、ソウルを含む11の姉妹都市との連携関係があります。都市外交は国家同士の良好な関係作りにも貢献しています。加えて、『アジア大都市ネットワーク21(ANMC21)』の枠組みでは、危機管理、北京で起こっているPM2.5を含む環境問題、産業振興といった幅広い分野に連携して取組んでいます。
不運にも、北京がこのANMC21から離れました。台湾との関係を含む様々な問題で…台湾もまたメンバーですから。他にもジャカルタ、バンコク、ハノイといったアジアの主都が勢揃いしていますが、私が考えるに、北京なしにこのネットワークは完全ではない。
皆さんもご存知のように、恐らく石原慎太郎前知事主導の下ではいくつかの問題が起こりました。そして今、都知事となった私の大きな任務の一つが、北京をこのネットワークに引き戻すことです。できるかぎり早急に北京を訪れたい。

中国に多くの友人がいます。先ほどお伝えしたように3.11のときは上海にいましたし、また台湾の国立大学でスピーチをしたこともあり、台北、北京、上海といった中国の大都市によく訪れます。台北と北京とは親密な関係を持っているのです。
特に、私は中国建国の父とも呼ばれる孫文について研究をしており、この偉大な人の伝記本を一冊書きました。中国語版もあり、今も手に入れることができます。そして中国や台湾の人々には周知ですが、福岡にいた私の先祖は、孫文の革命の手助けをしていました。福岡での炭鉱運営によって為した財で、経済的に援助をしていたということです。
100年前、私の家系は福岡におり非常に裕福で…元首相の麻生氏の家系も故郷が福岡で、私の祖父よりずっと立派な炭鉱を所有していましたけれども。
(会場笑)
とにかく、私の家系は財産を投げ打って孫文を援助し、孫文もそれがあってあの革命を達成した。私が北京に行くと、彼らはこの物語をよく知っていますので、大変な歓迎をしてくれます。また、それなので何より一番に、北京を『アジア大都市ネットワーク21』に復帰させたいのです。

けれども、ご存知の通り両国関係は大変厳しい状況にあるので、彼らの感情問題を解決したい。また彼らは一人っ子政策、高齢者への厚生など、社会福祉の問題も山積みです。東京都ならばその手助けができる。ソウルもまた同様で、日本と韓国の両国関係は大変悪くなっていて、私はそれを少しでも良くしたい。

それから都知事選の期間中、私に対して、すべての候補者に対して、うんざりするような数々のネガティブキャンペーンが繰り広げられました。それによれば「舛添は韓国人だ」と。「韓国人はとても喜びますね」と返しましたが、私は日本人です。2000年前のことは分かりませんが。
(会場笑)
福岡は朝鮮半島にも近く、多くの人々が行き来していましたから。

あわせて読みたい

「舛添要一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  4. 4

    元慰安婦団はなぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  5. 5

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  8. 8

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  9. 9

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  10. 10

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。