記事

丸山眞男をひっぱってきたい ―丸山眞男生誕100年―

1/2
 「引っ張って行きたい」ではなく「引っ張って来たい」。

 丸山眞男を牽引していく力など私にはない。

 丸山眞男が生まれてから今日で100年。

 今年2014年は、丸山眞男生誕100年になる。

 この記念すべき年に丸山眞男をひっぱってきたい。

 この思想界の巨人の思想は今でも色褪せていないどころか、寧ろこれからの時代に、より必要になってくるだろうと思うからだ。

 2007年、赤木智弘は『「丸山眞男」をひっぱたきたい』という文章を発表した。時代の問題点を鋭く突いた文章で、大きなセンセーションを巻き起こした。

 私はこれを読んだ時、世代論という観点から大いに共感した。よくぞ書いた、そして『論座』もよくぞ掲載した、という気持ちだった。

 しかし唯一、ひっぱたく相手を間違えている点が気になった。

 なぜ間違いか。

 それは、丸山眞男は「当事者」という立場から発言しているからだ。世代論的に見るならば、なおさらそうなのだ。

 赤木は同じ立場の人を叩いてしまっている。

 今日は、丸山眞男の「当事者性」と、赤木がなぜひっぱたく相手を間違えているのか、さらに丸山の思想の根幹である「時間」と「前提」について考えたい。

10代の頃に抱いていた丸山眞男のイメージ

 私が子供の頃は、丸山眞男はまだ生きていたこともあり、そんなに「巨人」とか神格化はされていなかった。

 丸山は日本の思想界においては途轍もなく大きな影響を放った人だから、丸山について論じた文章はたくさんあったが、批判的なものが多かった。

 10代の頃は丸山についてほとんど何も知らず、そうした批判的な文章を断片的に目にし、この人はなんでこんなに嫌われているんだろう、戦後に戦争を批判したから?後出しジャンケン的なところが嫌われてるのかな?と思っていた。

丸山の“当事者性”

 大学生になって『日本政治思想史研究』を読んだとき、丸山の言葉が深く印象に残った。

 普段、本に線を引いたり、ノートやメモをとったりする習慣のない私が、授業中にノートを取ったことすらない私が、『日本政治思想史研究』の中の丸山の言葉だけは印象に強く残り、ノートに書き写し、その後何度も何度も読み返した。

逆説的に響くけれども社会秩序が自然的秩序として通用しうるのは、当該秩序が自然的秩序と見える限りそうなのだ。もしそこで政治的安定性が著しく損われ、社会的変動が顕わに現象するに至ったならば、もはやその社会の根本規範が自然法であるという基礎づけは一般的な受容性を喪失する。自然法的基礎づけは社会の安定化へと作用すると共に、社会のある程度の安定性を前提としているのである。その場合(朱子学の場合の如く)自然法が即自然法則とされようと、仁斎の様にその規範性が意識されていようと変りはない。法則は同一事態の繰返しを予想しているし、規範(Norm)も平常的(normal)な状態をのみ考慮に入れている。社会関係が自然的な平衡性を失い、予測可能性が減退するや、規範乃至法則の支配は破れる。規範はもはやそれ自身に内在する合理性のゆえに自から妥当するのではない。いまや誰が規範を妥当せしめるのか、誰が秩序の平衡を取戻し、社会的安定を回復させるのかが問われねばならない。

 この箇所を繰り返し繰り返し読んだ。私は子供の頃から「時間」や「前提」の問題に興味があったが、そうしたものを論じている思想家や評論家にはそれまで出会ったことがなかった。

 丸山のこの文章に出会い、「時間」や「前提」のことを深く考えている人がいる、と思った。

 それと同時にこの文章が書かれた年を見て、私がそれまで抱いていた「後出しジャンケンの人」というイメージが謬見であったことに気づいた。

 これは戦時中に書かれている。そして何より、丸山自身が大正四年生まれであり、ドンピシャで「戦争世代」である。

 丸山は決して戦争に行かずにのらりくらりと、安全な象牙の塔から下々を睥睨しながら発言していたわけではない。

 丸山は当事者ではないか!

丸山の二つの側面

 丸山眞男という人物を語る時に二つの側面があると思う。

 それは例えば、今、丸山眞男について書かれている簡単に読める二つの新書・選書があるが、この二書がまさにその二側面を表している。

 一つは竹内洋『丸山眞男の時代ー大学・知識人・ジャーナリズム』(中公新書)

 もう一つは田中久文『丸山眞男をよみなおす』(講談社選書メチエ)

 この内、竹内のは、丸山と戦後政治の関わりについての記述が主である。俗に「丸山政治学」と呼ばれる思想が戦後社会にどのような影響を与え、またどのように批判されてきたのかが詳しく書かれている。

 そして、田中のは、現代政治、つまり全共闘とか戦後民主主義といった話題ではなく、丸山の著書から丸山の思想の根幹に迫っていく本である。

 この二書は丸山を語る時の二面性をよく表している。
 どちらも丸山眞男である。「現代政治」に焦点を当てるか「思想」に焦点を当てるかの違いである。

思想が本業、政治は副業

 丸山の専門は政治思想(日本政治思想史)だから、政治と思想を切り離して言うのもおかしな感じだが、敢えてこういう言い方をするなら、思想が本業で政治は副業だった。

 田中久文が上記の本の巻末に紹介しているが、丸山は現代政治の分析や評論を「夜店」と呼び、政治思想史の研究を「本店」と言っていた。本業、副業という言葉は使ってないが、私は「思想が本業で政治は副業」という意味に理解した。

 その本業である思想の方になかなか焦点が当たらないのは、なんとも残念なことだ。

 丸山に対する批判は常に現代政治評論家としての側面、つまり、「戦後民主主義の旗手」としての丸山、「政治屋」としての丸山に向けられていた。

 丸山は確かに戦後政治(当時は現代政治)にいろいろ口を出したが、それはあくまでも副業なのだ。

 思想を政治に仮託して喋ってしまうと、具体的で個別的な批判ばかりが戻って来てしまう。

 丸山が自身に対するたくさんの批判にほとんど取り合わず反論しなかったのは、その批判のほとんどが「副業」に関することだったからであろう。

学生運動の時代を知らないはずの赤木

 私は世代的に全共闘だとか東大紛争だとかは知らない。赤木智弘だってリアルタイムには知らないはずだ。ところが、赤木が「丸山眞男をひっぱたきたい」と言う時、その時代の丸山を引っぱって来てしまっている。そしてその当時の丸山批判の視点まで継承してしまっている。

 当時の丸山批判の視点は簡単に言ってしまうと、象牙の塔の一番高いふかふかの椅子に座って下々を睥睨しながら能書きを垂れるくそったれインテリ、といったところだろうか。

 これは確かに丸山と同時代を生きていた人たちが「なんであいつだけ、あんなふかふかの椅子に座って悠然としてるんだ!」と不満をぶつけた視点である。

 だが、赤木は丸山とは当然まったく世代も違うし、学生運動の時代も知らない。だからこそ、昭和30年代、40年代なんかすっ飛ばして、それよりもっと前の丸山の思想を見るべきなのだ。

 それを、戦後政治の世界における丸山を見て、「上流階級の丸山、下々の俺たち」みたいな見方しかできないのは、つまらないし、もったいない。

 そのような見方は「政治論的」な見方である。

 赤木はせっかく世代論を語ったのだから、もっと世代の問題に的を絞るべきなのだ。そして丸山もまた世代論を語った。丸山は赤木にとって同志でありこそすれ、ひっぱたく対象ではない。

あわせて読みたい

「丸山眞男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  2. 2

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  3. 3

    軍服を着なかった今上天皇の意味

    毒蝮三太夫

  4. 4

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  5. 5

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  6. 6

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  7. 7

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  10. 10

    しまむら不振 ZOZOの一強確立か

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。