記事

モバイル端末からしか接触しないネットユーザーが急増

 デスクトップ(PC)からモバイルへ。この流れは止まりそうもない。この流れで注目したいのは、若者や新興国ユーザーを中心に、モバイルデバイス(端末)しか利用しないユーザーが急激に増え始めていることだ。

 米国のような先進国では、PCにモバイルデバイスを加えたマルチデバイスによるネット利用が定着しているように思えた。でも若年層ユーザーを中心に、スマホやタブレットのモバイルデバイスからしかネットサービスを利用しない人が増えてきている。

 次の表は、米国の主要サイトに訪れた月間ユーザー総数と、そのうちモバイルデバイスからしか訪れていないユーザー数も示している。これは、今年1月のcomScoreによる測定結果である。総訪問ユーザーのうちモバイルオンリー・ユーザー数の割合が右端に掲げられている。

リンク先を見る

 音楽ストリーミングサービスのPandraではユーザーの73%がモバイルデバイスからしか利用していないのは当然かもしれないが、人気急上昇のソーシャル系メディアサイトのBuzzFeedのように、半数以上のユーザーがモバイルしか利用していないサイトが現れてきたのは驚きである。Facebookはモバイルオンリー・ユーザー数の割合が24%と少ないように見えるが、モバイルユーザーの割合となると80%に近い。中高年層やビジネスパーソンはPCも利用する人が多いため、モバイルオンリー・ユーザー数の割合はまだ低くなっている。

 でも今後は、PCを知らない世代(PCを日常で使わない世代)が台頭し、モバイルオンリーが主流になっていきそう。この1年間だけでも、米国の主要サイトにおいて、以下のようにモバイルオンリー・ユーザー数が明らかに増え続けている。

 リンク先を見る

 米国のAmazonサイトでも、若年層や中年層でモバイルオンリー・ユーザーが目立って多くなっている。

リンク先を見る

 同じcomScoreの今年1月の調査結果によると、米国ユーザーの総インターネット接触時間の46.6%はモバイルアプリからの消費で、45.1%のデスクトップからの消費を越えている。残りの8.3%はモバイルブラウザーからの消費である。この1年間の推移を見ても、モバイルデバイスからのインターネット接触時間の割合が増え続けており、ネットサービスの主役が完全にモバイル向けに変わってしまっている。

リンク先を見る

◇参考
Top Digital Properties’ Mobile-Only Audiences Are Growing Quickly(Marketing Charts)
The Duplication Complex: Failing to Acknowledge the Importance of ‘Mobile-Only’ Audiences(comScore)
In the US, Time Spent With Mobile Apps Now Exceeds Desktop Web Access(Marketing Charts)

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  9. 9

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  10. 10

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。