記事

「なんでも母親のせいなのか?」 ベビーシッター宅男児死亡事件の母親批判に、ネット上でママたちが激怒

3月17日、20代の男性ベビーシッターのマンションで、2歳の男児が遺体で発見されるという悲惨な事件が起こった。男児の母親は、インターネットのベビーシッター紹介サイトを通じて紹介された、面識のないベビーシッターにこの男児と8か月の弟を預けていた。ネット化によって、以前に比べ手軽かつ格段に安く利用できるようになった育児支援サービスだが、この事件をきっかけにツイッターではその責任の所在について議論がなされている。

子供を預けた母親が悪い

ネットでは、この事件に関して、見ず知らずの男性に子供を預ける母親に対しての批判が殺到している。

・見ず知らずの奴に命懸けで産んだ自分の命より大切な子ども預けるなんて頭おかしい。これどう考えても母親が悪いだろ・・・

・メールを何度かしたからって、顔も知らない人に2歳と0歳の子供を預けるなんて考えられない。母親が悪いよ。

・そんな小さい子を知らない男に3日も預けるなよ。これだから最近の母親は

母親たちが反論

この意見に対し、母親たちからは反論の声が上がっている。

・どういう選択をしても何らかのリスクはあって、でも何かの方法を選ばざるを得ないのに、子供に何かあったら全部母親が悪いっていうの本当に頭に来る。

・マンションに子供を置き去りにした事件の時はみんな「シッターとか使えばいいのに」って言ってたのに、いざシッター使って事件が起きたら、預けた母親が悪いってことになる。一番悪いのはこのシッターじゃないの?

・急な夜勤だったらしいね。乳幼児ふたりを育てるシングルマザーに、平然と夜勤を振ってくる職場があるんだよ。女性がそういう働き方をせざるを得ない現実がある。

父親はどうした?

母親だけが「悪」とされる状況の中で、その目が父親に向けられないことについても疑問の声が上がっている。

・何かあれば母親が悪いってなるけど、父親はどうしたの?

・ネットで見知らぬ人に預けた母親ばかりが責められてるけど、もし預けたのが父親だったら? 「仕事だったら仕方ないよね」となりそう。

「母親が悪い」「悪くない」という議論の中で、「そんな形態のビジネスを放置し、適切な監督と規制をしていなかった行政が悪い」という声もある。安倍政権が掲げる「女性がより働きやすい社会」を目指すためには、こういった育児支援サービスはお母さんたちの大きな味方になりうるはずだが、今回の事件をきっかけに足止めがかかってしまうのだろうか。

(文=編集部)

この記事を読んだ人におすすめの記事
1時間500円で子どもを近所にお預け 子育てシェアサービス「アズママ」が話題
お母さんが子どもを育てなくてもいい…… 『ルポ虐待』著者が語る、虐待の連鎖を止める方法
「女性の社会進出は間違い」「家庭に戻すべき」長谷川三千子氏の発言にツイッターで賛否両論

あわせて読みたい

「ベビーシッター」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  6. 6

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  7. 7

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  8. 8

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  9. 9

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    優秀な女性流出に危機感ない日本

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。