記事

【クリミア発】 ロシア軍、ウクライナ海軍司令部を急襲

画像を見る
占拠したウクライナ海軍司令部のゲートを開け閉めするロシア軍。=19日午後3時頃(日本時間午後10時頃)、セバストポリ 写真:筆者=

 黒海艦隊が基地を置くセバストポリは、ロシアにとってやはり虎の子だった。プーチン大統領が「クリミア併合」を布告した翌日、ウクライナ海軍司令部を力で制圧したのである。

 19日午前9時頃(日本時間午後4時頃)、コサック兵がフエンスを破って突入したのに続いてロシア軍がなだれ込んだ。ウクライナ側がほぼ無抵抗状態だったため、ロシア軍は瞬く間に司令部を占拠しロシア国旗を掲げた。

 数時間もしないうちに将兵たちの投降が始まった。ゲートではロシア兵たちが、基地を去るウクライナ軍将兵たちの手荷物の中味を調べた。重要書類はじめ軍事機密を持ち出さないようにするためだ。

 不承不承投降した若き将校(33歳)はゲートを出ると制服を地面(※)に向けて叩きつけた。三ツ星の肩章(大佐か)が付いた制服は軽い音をたてた。エリート軍人の誇りが砕け散った瞬間だ。

 ゲート前には父と妻が迎えに来ていた。空軍将校だったという父はロシア軍に憤る。「司令部急襲は不快だ。セバストポリ市民にとって自宅に踏み込まれたも同然だ。もっと穏便な方法はなかったのか」。

画像を見る
若き将校はこの直後、三ツ星の肩章が付いた制服を地面に向かって叩きつけた。=19日午後4時頃(日本時間午後11時頃)ウクライナ海軍司令部ゲート前、写真:筆者=

 気になるのは投降した将兵たちの処遇だ。ウクライナ(政府)への忠誠を宣誓しているため、投降後ウクライナ本土に帰ると軍規違反で逮捕され懲役15年となる。家族がウクライナ本土にいる将兵も少なくない。

 大半はクリミア政府のコントロール下に入るものと見られる。「新生クリミア軍・兵士」となるのだ。(この時点ではウクライナ政府によるクリミアからの撤退命令は伝えられていない)

 妻に迎えられてセバストポリの自宅に帰る下士官は「辞めないよ。軍に戻るから」と信じられないほど明るい表情で語った。

 この日の夜(日本時間20日早朝)、ウクライナのアンドリ・パルヴィ国防相は「ウクライナ軍をクリミア半島から撤収させる用意がある」ことを明らかにした。

 2014年3月19日はクリミアに展開するウクライナ軍が事実上消滅した日となった。

 ◇
※地面
厳密には地面の上に置かれた他の荷物の上に制服を叩きつけた。

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「ウクライナ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  3. 3

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  4. 4

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  5. 5

    安倍政権に逆風 同日選が再浮上

    PRESIDENT Online

  6. 6

    イランによる船襲撃としたい米国

    猪野 亨

  7. 7

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  8. 8

    百恵さん 素顔撮影で復帰に期待

    NEWSポストセブン

  9. 9

    噂の人物 正体は米軍最強シェフ

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    香港デモ成否が日本の未来に影響

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。