記事

もっとオヤジ同士のつながりを!──狂言師の和泉元彌氏が語るいまどきのPTAと父子の絆

1/2
画像を見るサイボウズの山田理副社長(左)と狂言師の和泉元彌氏(右) お子さんが通う小学校のPTA会長・副会長として、タッグを組んでいた狂言師の和泉元彌さんとサイボウズの山田理副社長の対談。前回は2人がPTAチームを運営する上で感じた問題点や工夫したことについてお届けしました。今回は「イキメン」として地域活動に積極的に参加することで感じた喜びや手応え、父親とは師匠・弟子の関係でもあるという特殊な環境で育った和泉さんならではの教育観や今後親として挑戦してみたいことについて意見を交わします。

PTA活動で広がる世界

画像を見る PTA活動をやって、どんなことが良かったですか?


画像を見る 一番良かったのはやはり、学校にしょっちゅう行くことで、子供が普段過ごしている環境がわかることですよね。じゃないと子供の話を通してしかわかりませんから。

画像を見る そうですよね。PTAをやることで、「自分の子供の友だちはこんな子なんだ、担任だけじゃなくこんな先生方がいるんだ」と知れるのはとてもいいことだと思います。学校に対して、「もっとこうしたほうがいいのでは」と自分なりの考えを伝えることもできますし。まあ、PTAはそのためにあるんでしょうが。


画像を見る 自分とは違う世界の、いろいろな人と出会えるのもいいですよね。


画像を見る それはありますね。僕と元彌さんも、PTAという場がなかったら全く交わることがなかっただろうし。


画像を見る 本当に同感ですね。いろいろな人がいて、いろいろな子育ての仕方がある。それを知ることが、親として非常に勉強になります。教育現場が抱えている課題を、親である自分の課題として考えるきっかけにもなりました。山田さんのいらっしゃるITの世界にしても、実は僕は、デジタルの冷たい世界だと思っていたんです。

画像を見る

画像を見る 冷たい世界(笑)


画像を見る 例えばグループウエアでコミュニケーションをすることは、人と人が実際に会うコミュニケーションを減らすことにつながるのではと思っていて。

でも実際にPTAでグループウエアを使ってみたりして、それは間違っていたなと。ITツールを使うことで、コミュニケーションが公明正大に行なえ、余計なギクシャクがなくなる。ツールを使って効率化することで、より豊かな時間を生み出すこともできる。山田さんと会わなければ、こういうこともわかりませんでした。

画像を見る そう言っていただけるとうれしいですね(笑) それと、PTAは圧倒的に女性社会なわけですが、そこに男性が加わることに僕は意義を感じました。チームとしてのコミュニケーションの取り方や、効率の良い議論のやり方などを知っている男性がいるとまとまりやすい。なかなか意見を言えないお母さんの背中を押してあげることもできますし。


画像を見る 会長・副会長には男性が多いとはいっても、自営業など、組織の長として効率的に物事を動かすというのとは違う世界で仕事をされている方もいらっしゃいます。その意味で山田さんのように、一般企業の会社員のような方がもっとPTAに参加するようになると、より活動に広がりが出ると思います。

それと、PTAに男性がいることで、お母さん方の“緩衝材”の役割を果たせる部分もあると言われました。男性だからということで、女性同士では言いにくいことも言ってもらえたりしますから。男性の参加は大賛成ですよ。


受け継がれるもの、変わるもの

画像を見る 元彌さんは、狂言という伝統の世界に生きていますよね。狂言師として親として、教育についてどういう考えを持っているんでしょう?


画像を見る 狂言師としては、今でも絶対的な師匠でもあった父の姿を追い求めています。それが「伝統を引き継ぐ」ということにもつながっている。決まった型を繰り返す中で、変わらずに受け継がれる心があると信じているんです。だから、教育についても、「時代に合わせて」と何でもかんでもやみくもに変えるのがいいとは思っていません。例えば、学校の校則にしても、学生の頃は時代錯誤だと反発しても、今になって「こういうことが起きないようにするためにあったんだな」と理解することがあるじゃないですか?

画像を見る そのとおりですね。


画像を見る 画像を見る 父の役目を全て受け継いで弟子も育てるようになってからわかってきたことがあります。 父と同じ教え方をしたからといって、弟子が同じように育つとは限らない。それは人間が違うからです。ならば僕が弟子を育てる最善の方法は別にあるのではと考え、また、それを追い求めることは伝統を守らないことではないのだなと気づいたんです。稽古の中で守るべき事、伝えるべき事は、狂言の「型」であり「心」ですから。変わっていく事と、変えてはいけない事とを見極める目も必要です。

画像を見る 人に合わせてやり方・教え方を変えるのは、必ずしも伝統を壊すことではないということですよね。それは「伝統を守るのも変えるのもチャレンジ」「その年に集まったメンバーに合った活動をしていこう」という、元彌さんのPTA活動の方針とも重なりますね。


画像を見る 確かにそうですね。

あわせて読みたい

「育児」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  8. 8

    小沢一郎氏の怒り買った立民議員

    文春オンライン

  9. 9

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。