記事

第一戦車群隊旗返還式(62年の歴史の発展的解編)

今日は、北恵庭駐屯地で行われた第1戦車群及び第101戦車直接支援隊の隊旗返還式に参加させて頂きました。
リンク先を見る

なごり雪とも思える雪が舞う中、Time to Say Goodbyeの音楽合わせた部隊長から総監への隊旗返還と、坂の上の雲のテーマ曲 Stand Aloneの演奏される中での部隊退場は胸に迫るものがありました。
リンク先を見る
第101戦車直接支援隊長久保二等陸佐から北部方面総監へ隊旗返還

リンク先を見る
各中隊長から石橋第1戦車群長へ隊旗返還

リンク先を見る
石橋第1戦車群長から北部方面総監へ隊旗返還

リンク先を見る
佐藤も来賓挨拶の中で、気持ちを込めて、以下のように挨拶しました。

「隊旗の返還を目の当たりにし、正直、悲しく残念な気持ちで一杯です。これまで第1戦車群及び第101戦車直接支援隊が、北部方面隊の戦車火力の骨幹部隊として、この恵庭の地で、冷戦時代を通じ、夏も冬も、厳しい訓練や整備を重ね、北海道を、そしてl日本を守ってきたことに思いを致すと、万感胸に迫るものがあります。どれだけ多くの先輩の方々が、埃や油にまみれながら、演習場の大地に汗や涙を流してきたか、そう思うと胸が熱くなります。

国防は国家百年の計と言います。一朝一夕では、抑止力となりうる強靭な防衛力は作られません。この62年間、あの冬の雪中、凍てつく寒さの中、或いは夏の暑く埃舞う中、整備をし、機動し、射撃してきた第1戦車群の隊員一人一人の汗、我慢が、抑止力でした。今、安全保障環境が変わったとは言え、敵が攻めてきた時、それを跳ね返す力、ガッとつかむ力、その骨幹が戦車部隊であることには変わりありません。機甲科隊員として、或いは武器科隊員として誇りを持っていただきたいと思います。

力なき外交は無力です。国民も領土も主権も守ることはできません。極東の反対側のウクライナ、クリミヤ半島では、欧米対ロシアの力の衝突が展開されており、特にロシアの力を背景としたクリミア半島の実質的支配化の動きは冷戦時代を彷彿とさせます。ロシア北部のバルト海と南の黒海、地中海とはボルガ川や運河で結ばれており、内陸のボルガ川には、軍艦や潜水艦の造船所もあります。クリミア半島はまさに黒海への出口を抑える要衝であり、ロシアにとってはクリミア半島が欧米のコントロール化に入ることは地政学的、軍事的に死活問題です。極東も同じです。ロシアの太平洋艦隊がオホーツク海や太平洋に出るためには、宗谷海峡や津軽海峡を通過しなければなりません。北海道の地政学的価値は変わりません。極東ロシア軍の近代化や極東への強襲揚陸艦配備の動きもあります。

その意味で、陸自北部方面隊は、今後とも強くなければいけませんし、陸上戦力の骨幹たる戦車部隊への期待も変わりません。4月から始まる新しい防衛計画の大綱では、本州や四国からは戦車部隊は無くなり、機動戦闘車部隊に変わりますが、北海道には戦車は残ります。
第1戦車群は、今般の改変で無くなりますが、部隊の伝統は残りますし 、先輩から受け継いだ技量は、師団の戦車部隊や機動戦闘車の部隊に受け継がれます。故に発展的解編です。

繰り返します。国防は国家百年の計です。戦車部隊の技量と整備、研究開発能力は絶対に伝承しなければなりません。自衛隊出身の議員として、政治の場でも訴えてまいります。

これまで、部隊の改編業務に昼夜を問わずあたってきた体制移行準備隊の皆さん、そして輝かしい伝統ある第1戦車群最後の群長としてそれを指揮統率して来られた石橋一等陸佐の労苦や思い、そして隊員みなさんの汗や涙、そし並々ならぬ思いに心から敬意を表します。

部隊は無くなっても、伝統は永遠に継承されます。隊員の皆さんは、第1戦車群の隊員であったこと、第101戦車直接支援隊の隊員であったことの誇りを胸に、これからも活躍されること確信しております。新たな部隊での任務完遂、祈念いたします。」

リンク先を見る
これは発展的解編した第1戦車群の祈念メダル。隊員の思いが込められています。

今後、新たな体制変換への産みの苦しみとはいえ、本州や四国で隊旗返還式が続きます。
政治家として大いなる責任の重さを改めて痛感しました。守るべきものを守り抜く為に、佐藤正久も汗をかいて参ります。

あわせて読みたい

「国防」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  4. 4

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  5. 5

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    今でも続く「小池旋風」は東京都の必然だったのか - 吉田哲 (Wedge編集部員)

    WEDGE Infinity

    07月25日 16:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。