記事
  • krmmk3
  • 2014年03月14日 00:06

BS日テレでプロ野球延長対応マルチ放送開始

いただいた情報。

BS日テレがプロ野球中継でマルチ編成、試合延長時もSDTVで放送継続


もう忘れてしまった方も多いかも知れませんが、地上デジタル放送の当初宣伝されていた機能の中に、「最大3チャンネル同時放送で、プロ野球の試合延長の時も、番組表通りの番組とマルチ放送で両方放送することができます」というのがありました(過去形)。実際にはそういう形で放送した実績があるのは日本放送協会を除けばほぼ皆無、プロ野球の延長など全くやらないどころかそもそもプロ野球の放送自体当初に比べれば大幅に減らされているのでマルチ放送など全くする必要性をテレビの編成局も全く感じていないのでしょう。やらないのは「利用者はマルチよりHD放送を求めている」からだというのが地上波局の主張でしたが、実際には地上波が後生大事にあがめている数値、視聴率が分散してスポンサーがつかなくなるからだと思われます。そうでなくてもスポンサーが付きにくくなっている以上、しょうがないかも知れませんけどね。

その地上波から投げ出されたマルチ放送を、BSのBS日テレが代わって行うことになった模様です。なんで急にやることになったのかというと「今まではできなかった」からだそうです。BSも当初はマルチ放送を想定してませんでしたから(WOWOW除く)それを前提にしたマスター設備を持つ必要がなかった、ということなんでしょう。
逆を言えば、ぼちぼちBS放送の視聴者も、プロ野球ファンの声ばかりが大きく聞こえるわけではないほど広がってきたということです。「BSの放送もちゃんと時間通りに放送してほしい」という声もそれに負けないほど大きくなってきた、それへの返答なのでしょう。地上波キー局のテレビ界における絶対的支配力は「テレビ=地上波」の概念を日本人のほとんどが持ち続けていたことが原動力です。わたしはこの構造はいびつと考えていますので、こうしてBSが「普通のテレビ」に近づきつつあることは大いに歓迎します。もっとBS放送をみんなでみましょう。
スポンサーの問題はどうなっているのかは少し気になりますが、マルチになりそうな番組は最初から視聴者層を絞って放送するものを中心にするとかで対応でしょうか。不特定多数より狙った層への集中アピールの方が効果は高いでしょう。そもそもプロ野球に限らずスポーツ中継は録画せずリアルタイムで見る人が他の番組より割合が多いでしょうから、CMも確実に見てもらえます。視聴率を気にしないスポンサーならなんとか取れると、素人考えでは思うのです。

あわせて読みたい

「BS放送」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  2. 2

    野党共闘の陰で原発事故被害者が抱える「ただちに影響ない」への怒りと葛藤

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    10月23日 11:19

  3. 3

    コロナ対策は人体実験 ラサール石井の発言が不適切すぎと物議

    女性自身

    10月23日 09:44

  4. 4

    「行列に並ばなくても食べられる」スシローが"持ち帰り店"を加速させる本当の狙い

    PRESIDENT Online

    10月23日 16:59

  5. 5

    「野党に政権は任せられないが、自民党がこのままでは困る」有権者の棄権を招く政治の貧困さ

    PRESIDENT Online

    10月23日 12:38

  6. 6

    「奨学金はチャラ、消費税は廃止」れいわ新選組・山本太郎代表

    ABEMA TIMES

    10月23日 11:18

  7. 7

    超話題作「イカゲーム」:その続編はあるか?

    島田範正

    10月23日 13:11

  8. 8

    Uber配達員に優しいインド料理店 ラッシーを奢ってくれる店も

    キャリコネニュース

    10月23日 10:42

  9. 9

    飲食店のネット予約数が大幅増 コロナ流行前の水準に回復

    ABEMA TIMES

    10月23日 16:47

  10. 10

    長期的に安定している日本の政治 カギは「与党内野党」の役割を担ってきた公明党

    WEB第三文明

    10月23日 14:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。